セカンドオピニオン施設探しをサポートする「無料電話相談」を承っています

近年、がん医療を行っているクリニックや病院では、「セカンドオピニオン」を受診できるところが増えています。患者様が納得のいく治療法を選択するために、「第2の意見」を求めるセカンドオピニオンは有効ですが、いざ受けようとすると、“どこでどのようにして受ければいいか”、“何を準備すればいいか”、“どの医療機関で受ければいいか”など、お困りの方もいらっしゃるかと思います。

当サイトでは、再発・転移がんのセカンドオピニオンをご検討中で、受け方や探し方等でお困りの患者様、ご家族様のために、セカンドオピニオン施設探しをサポートする「無料電話相談」を承っています

「再発・転移がんのセカンドオピニオン」を受けたい、、でも「どうすればいいかわからない」、という方は、まずはお気軽にご相談ください。

※固形がん以外(白血病や血液腫瘍など)では、ご相談が難しい場合があります。

どんなことが相談できるの?

当サイトでは、再発・転移がんのセカンドオピニオンについて、受け方や探し方のアドバイスを承っています。 セカンドオピニオンをご検討中で、受け方がわからない方や、どの医療機関で受ければいいか悩んでいる方など、まずはお気軽にご連絡ください。

※セカンドオピニオンそのものをご提供するものではありません。

画像やこれまでの治療データなど、詳細な情報を拝見した上でなければセカンドオピニオンをお伝えすることはできませんので、ここでは、セカンドオピニオンの受け方や問い合わせ先についてのご相談のみを承っています。

※実際にセカンドオピニオンのご予約をお受けするわけではありません。

セカンドオピニオンの受け方やお問い合わせ先についてのご相談のみを承っています。セカンドオピニオン先施設での受け入れ可否やご予約に関しましては、承ることができませんのでご了承ください。

※受け入れ先施設のセカンドオピニオン費用は、ご負担となります。

当相談は無料で承っていますが、受け入れ先施設のセカンドオピニオン費用はご負担となりますのでご了承ください。

ご相談の流れ

  • 「電話相談をみた」とお伝えいただくと、スムーズにおつなぎできます。
    ※受付時間は、月曜~金曜10:00-15:00(祝祭日除く)となります

  • セカンドオピニオンの受け方や探し方など、セカンドオピニオンを受けるにあたって、お困りのことをご相談ください。

  • 当サービスは無料でご利用いただけます。
    ※受け入れ先施設のセカンドオピニオン費用は、ご負担となります。

セカンドオピニオンはなぜ必要?正しく意味を理解して、効果的に活用しましょう。

■第2の意見を求めるセカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンについて、担当医を替えたり、転院したり、治療を受けたりすることだと思っている方も中にはいらっしゃいますが、そうではありません。日本語では「第二の意見」とも呼ばれており、まず、ほかの医師に意見を聞くことがセカンドオピニオンの本来の意味です。
現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めることで、患者さんがより納得のいく治療を選択する一助になります。

■セカンドオピニオンはどんな施設で受診できる?

がん診療連携拠点病院以外に、総合病院や大学病院、放射線治療や免疫療法などの専門クリニック、自由診療を行っているクリニックなど、さまざまな医療機関でセカンドオピニオンを受けることができます。また、セカンドオピニオンは1つの施設に限らず、複数の施設で受けることも可能です。

■セカンドオピニオンの費用は?健康保険は適用される?

セカンドオピニオンは、診療ではなくあくまで医師に「相談」することが目的なので、健康保険の対象とはならず、自費診療となります。また、料金やサービス内容、相談時間についても、各施設それぞれで異なるため、事前の確認が必要です。

セカンドオピニオン施設探しをサポートする「無料電話相談」を承っています

※掲載している情報は、記事公開時点(2018年7月13日)のものです。