海外で有効な治療法で国内では認可されていない治療はありますか?

この質問に対するご回答・・・

最新のがん治療研究はどんどん進み、新しい化学療法が開発されています。「がんを抑える」治療薬の分野研究も進んでいます。「がん免疫療法」の分野も進んできています。たとえば2010年外国の乳がん学会・がん治療学会などで発表された代表的な記事を挙げてみます。

  • 進行再発乳がんに対するS-1投与で長期の病態安定も可能
  • ゲムシタビン+パクリタキセル併用療法は移転・再発乳がんに有望
  • 閉経前の転移性再発がんにアロマターゼ阻害剤とLH-RHアゴニスト病勢進行を抑制
  • Roch社が米国で乳がん対象にトラスツマブDM1の承認を申請
  • エリブリンは治療歴のある転移性乳がん患者の全長生存期間を延長

日経メディカルオンライン「癌Experts」 (http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/search/cancer/)では、海外の最新の各種がん治療情報が閲覧できます。

また、海外癌情報リファレンス(http://www.cancerit.jp/xoops/)においても情報を閲覧することができます。