2018年10月27日(土)14:00~ フクラシア八重洲(東京)にて開催 あきらめないがんセミナー

医療制度

2 / 3123

【医療情勢】公的助成・支援を上手く利用するために I

公開日:2015年3月2日

 再発・転移がんの治療が長期化すると、医療費が増大し、患者さんの生活は圧迫されます。患者さんやご家族の経済的負担をできるだけ軽減するために、国や自治体はさまざまな助成制度を整えています。各種制度を上手く利用すれば治療に専念することも可能になります。  今月から3回に分けて、がん患者さん向けの公的助成 […]

【医療情勢】確定申告「じょうずに医療費控除を受けるには」

公開日:2015年2月2日

医療費控除は、医療費を多く払った年に税金が戻ってくる制度です。今年の確定申告の期間は、2月16日から3月16日まで。医療費控除をしたことがある人も、見落としがちな点を改めて確認しておきましょう。     Q 妻ががん治療を受けました。医療費控除の対象となる人は? A  1年間(1 […]

【医療情勢】がん経験者が活用できる民間保険

公開日:2014年12月29日

 がん経験者は、医療保険やがん保険に加入するのがむずかしく、これまで多くの人があきらめてきました。しかし、近年がんを克服される方が増えたことで、再発・転移に備える新しい保険が登場し、注目されています。保険に入るための審査基準をゆるくした民間保険について、検討の段階別(STEP1~3)に紹介します。 […]

【医療情勢 II 】がん患者さんが利用できる介護保険サービス

公開日:2014年10月1日

がん患者さんのケアは介護保険の対象  2025年頃には日本の高齢化率が非常に高くなると予測されています。人口動態に伴って医療制度の方針でも、ベッドでケアをする方向から、在宅で住み慣れた自宅で在宅ケアをする方向に進もうとしています。 「がん治療で入院しているのだけど、自宅療養に切り替えたい。介護保険を […]

【医療情勢】がん治療における治療費の軽減 現状の医療制度をうまく活用する。

公開日:2014年7月31日

 がん治療にかかる費用の多くは、公的医療保険によって患者さんの負担が3割などに制限されています。しかし、長い治療期間が必要だったり、最新のがん治療などを受けたりする場合、3割負担といえども支払額が大きくなっていきます。  このような治療費の負担を軽減するために、現在の医療制度の中には高額療養費制度や […]

【医療情勢 】診療報酬改定でがん治療にも変化

公開日:2014年2月28日

診療報酬改定は「医療の適正化を図る政策」  今年4月、診療報酬改定が行われます。2年に一度実施されるこの改定は、今後、重点を置きたい医療分野の点数(簡単に言えば医療機関の報酬)を調整することを目的として行われます。今回、改定の柱となったのは「医療機関の機能分化」であり、そこから「在宅医療の推進」へと […]

【医療情勢】「混合診療」全面解禁で、がん患者への影響は?

公開日:2013年5月31日

混合診療が認められる2つの例外 「混合診療」という言葉を、ご存じでしょうか? すでに保険適用されている診療と、保険外の診療を併用することです。現在、日本の医療制度は原則として混合診療を禁止しています。しかし、ここ最近、政府の規制改革会議や、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉参加によって、混合 […]

【医療情勢】各地で広がる先端医療向け融資制度

公開日:2013年4月1日

利子相当額を自治体が負担してくれる がんの治療費を軽減するには、高額療養費制度や傷病手当など公的保険による手当がよく活用されます。しかし、再発や転移で治療費の出費がかさむと、それだけでは十分でないと感じるケースもあることでしょう。特に、樹状細胞や腫瘍抗原ペプチドを用いたがんワクチン療法など、厚生労働 […]

【最新医療】がんと雇用保険~長期療養でも失業給付を受給できる~

公開日:2013年2月1日

雇用保険の基本手当は1日あたり数千円 がんの患者さんのなかには、治療や療養のために仕事を辞めたり、長期にわたって休職せざるを得ない方が少なくありません。治療費がかさむうえに収入が減り、先々に不安を抱えたとしても無理からぬことです。なにか経済的な保障はないかと思われる方も多いのではないでしょうか。 離 […]

【医療情勢】確定申告に向けて今から準備~医療費の一部が戻ってくる「医療費控除」を申請しよう~

公開日:2012年12月3日

還付金が戻るうえ、翌年の税金が安くなることもある 医療費の負担を少しでも抑えたいというのは、がんの患者さんに共通した願いです。さまざまな制度がありますが、毎年、確定申告の際に申請できる「医療費控除」は、ぜひ活用したいものです。還付金そのものは高額ではありませんが、課税所得が少なくなるため、翌年の所得 […]

2 / 3123