広がりを見せる リレーフォーライフジャパンの活動

公開日:2011年11月1日

口腔がんの再発リスクと標準治療

広がりを見せるリレー・フォー・ライフ
リレー・フォー・ライフとはがんに立ち向かう患者さんを中心に、その家族、地域の医療者や支援者が集まって、日々の思いや体験を語り合いながら、チームリレーをして24時間歩くイベントです。24時間歩くという行為は、「がんは 24時間、眠らない」そして、「がん患者は 24時間、がんと負けずに闘っている」というメッセージから始まりました。会場では参加者が楽しめるように、バンド演奏やゲームなども行われています。会場内には地域の病院などが設置しているテントもあり、病院とはまた違った雰囲気で医師や医療者とコミュニケーションをとることができます。
リレー・フォー・ライフの開催地は、市民の思いで決定します。地元コミュニティやがん患者支援者などが中心となり、実行委員会を発足して運営しています。実行委員会は、リレー・フォー・ライフ国際基準に沿った講習を受けているそうです。








日本対がん協会  小西にお話しを伺いました。

※掲載している情報は、記事公開時点(2011年11月1日)のものです。