2018年10月27日(土)14:00~ フクラシア八重洲(東京)にて開催 あきらめないがんセミナー

緩和ケアの考え方 キチンと理解しましょう

公開日:2012年2月1日

緩和ケア・緩和医療というイメージ

緩和ケアという言葉を聞くと終末期医療というイメージを持たれる方も多いと思います。しかし、最近の考え方では、がんが進行して、治療法がなくなった時に開始されるケアではなく、がんが見つかったときから継続して治療を行っている間にも、必要に応じて行われるべきものという考え方に変わってきています。

WHOの定義によりますと「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に関して、きちんとした評価を行ない、それが障害とならないように予防したり、対処することで、クオリティ・オブ・ライフを改善するためのアプローチである」とされています。がんと診断されたときや、治療法を変える時など、ひどく落ち込んだり、不眠になったり、食欲がなくなったりすることが、きっとあると思います。また、手術や薬の副作用などで、痛みが強くてつらいときがあると思います。

これらに対するケアを行う事が緩和医療の考え方です。緩和ケア・緩和医療をよく知って、診断された時期や治療中の時期から取り入れることで、生活の質を保ったまま治療を続けていくことができると思います。

厚生労働省資料「緩和ケアの推進について」







正しい緩和ケアを理解

自分の症状をよく理解されている方で、現在行っている治療の可能性も含めて、時間があまり残されていないことを自覚されていました。もちろん治療をして可能性や希望は持っているけれども、残された時間も有効に使って行こうと強い意思をお持ちでした。主治医に相談をして症状をコントロールすることによって、海外旅行へ行かれたり、お子さんやお孫さん達との時間を有意義に過ごしていました。

最終的には緩和ケアの病棟に入られることを決められ、ご家族や友人の方達と最後までコミュニケーションをとりながら、旅立ちました。しかしながら、このようなケースはけっして多くはないと思います。

現在の統計では一般病棟で最後を迎える方がまだまだ多くいらっしゃいます。このような方達の中には、自宅で最期を迎えたいと願っていたり、緩和ケアの病棟や緩和ケア施設というものが調べられずにいる方も多くいらっしゃると思います。
この連載では、緩和ケアの考え方や、ホスピスや緩和ケア施設などをご紹介して少しでもお役にたてる情報をお届け致します。

緩和ケアの歴史と現状

緩和ケアを行う施設のことをホスピスと言ったりします。元々のホスピスというものは、中世のヨーロッパにて巡礼者・旅行者や貧困者・病人たちを休ませる場所を指すものでした。教会などがその機能を持っていることが多かったようです。
精神的な痛みや苦痛の除去を目的としたところが多かったのですが、緩和医療という考え方の発達を受けて、がんの初期から積極的に関わっていく施設として変わりつつあります。
また、がん以外の疾患への拡大も行われるようになってきました。イギリスで活躍され、緩和医療に大きく貢献したシシリー・ソンダースという医師は、ホスピスとは次のような場所であるといっています。

(1)患者さんを一人の人格者として扱う
(2)苦しみを和らげる
(3)キチンとした治療を行う
(4)家族のケア、死別の悲しみを支える
(5)医師や看護師を中心としたチーム医療を行う

日本では1981年に聖隷三方原病院というところで、末期のがん患者さんに対するケア最初といわれています。現在のホスピス(緩和ケア病棟などを含む)は、専門的な知識や技術・経験を持った医療者がスタンバイしている場所になっています。現在、厚生労働省が認可している全国の緩和ケア病棟のある病院(243施設)はこちらから検索することができます。利用を考えている患者さんは、主治医や看護師、ソーシャルワーカーなどに相談してからご利用下さい。

http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopKanwa?OpenForm

かかる費用ですが、厚生労働省から「緩和ケア病棟」として承認を受けた施設の場合は、入院料は1日あたり37,800円×健康保険の自己負担率となっています。3割負担の場合では、37,800円×0.3=11,340円が一日の入院料になります。1ヵ月に支払う医療費の合計金額が一定額以上になる場合には、高額医療費制度という自己負担限度額を超えた部分を払い戻ししてもらえる制度を利用することができます。

高額療養費制度へのリンクはこちら
https://www.akiramenai-gan.com/medical_support/money/1671/)入院費用の他にかかるものとして、食事代や、個室の利用、差額ベッド代が必要になる場合があります。施設に確認されると良いでしょう。