2018年10月27日(土)14:00~ フクラシア八重洲(東京)にて開催 あきらめないがんセミナー

暮らし

6 / 6« 先頭...23456

【QOL(生活の質)】予防で乗り切る、今年の冬

公開日:2013年12月30日

 2013年の夏は、西日本の夏平均気温が1946年以降で第1位の高温が記録されたことや、東北地方での多雨、関東地方での竜巻など、異常気象という言葉もメディアを賑わせました。例年ですと年末から3月頃にかけて、家の中での事故や体調悪化が増加すると言われています。  気象庁が発表している1月~3月の天候見 […]

緩和ケア病棟・在宅緩和ケア

公開日:2012年3月1日
前回は緩和ケアの概要についてお伝えさせて頂きました。今、緩和ケアとは、主にがんにともなう肉体的・精神的苦痛で悩む患者さんをサポートする専門的治療を指します。緩和ケアを受けることができる施設のことを緩和ケア病棟といいます。また、在宅でも緩和ケアを受けることができます。そこには緩和ケアチームといった医師 […]

災害時におけるがん治療

公開日:2011年10月14日

    9月2~4日仙台にて第19回日本乳癌学会学術集会が開催されました。今回は仙台で行われたということもあり、災害時医療に関するシンポジウムが特別に講演されました。乳がんに関わらず災害時には、病院の崩壊や薬剤の不足などによって、いままでの治療を継続的に受けることが難しくなる場合 […]

医師が考える 医師と患者のコミュニケーション

公開日:2011年8月1日

消化器外科 草野 敏臣先生に医師と患者のコミュニケーションについて取材させて頂きました。 医師から「余命」を伝えられたら? 欧米人に比べ、日本人は「がん」という病名に敏感だと言われています。進行の程度や、「がん」の種類にかかわらず「がん」という言葉の響きに、非常に動揺する傾向があります。そのため、「 […]

がんとお金のこと~民間生命保険

公開日:2011年4月1日

リビングニーズ特約を利用しよう リビングニーズ特約を活用して闘病資金にする リビングニーズ特約とは、生命保険会社が行っている特約の一つで、医師から余命宣告(6ヵ月以内)を受けた時に経済的な問題を解決し十分な治療を受けられるよう、死亡保険金の一部を生前に受け取ることができるものです。生命保険などに加入 […]

がんと仕事 両立させるには

公開日:2011年3月31日

自分がどのような仕事ができるか知りましょう。 がんの症状や治療方針を正確に理解・把握することは、自分がどのような仕事をすることができるのかを把握する上でもとても重要です。医師の指導のもとCTやMRIなどの検査を行い、しっかりとがんの大きさ、転移の状況、ステージを調べましょう。ステージが進行している場 […]

再発・転移を子どもにどう伝える?

公開日:2011年3月3日

がんに立ち向かう-再発・転移を子どもにどう伝える?- 関係者全員で「最善の伝え方」を考える がんの再発・転移の告知を受けることは、患者さんにとって非常につらいことですが、ご家族もまた、大きなショックや不安を感じます。とりわけ、子どもにとっては、なかなか受け入れられない事実といっていいでしょう。 子ど […]

6 / 6« 先頭...23456