がん治療紹介

再発・転移がんへの治療法について、医師のコラムや独自取材を通してご紹介していきます。

最先端がん治療紹介の編集方針について

「再発転移がん治療情報」では、がん治療に精通した医師の方へのインタビューや学会、患者会ほか独自の取材を通して、新しいがん治療情報を随時ご提供しております。手術、抗がん剤、放射線治療と言った標準治療の中でも最新の治療法や、免疫療法や漢方など注目の治療法を取り上げていきます。また、このサイトでは特に進行がんやがんが再発・転移された方に有用と思われる情報を掲載していきたいと考えております。
がん治療に関するニュースや情報サイトは他にもたくさんありますが、再発・転移がんに特化したものは少なく、また、毎日更新される膨大な情報をチェックし、ご自身の治療に役立つものをピックアップしていくことは容易ではありません。
本サイトでは、再発・転移がんの治療を対象としたトピックをどなたにも分かりやすくお伝えし、治療を必要とされる患者様へ新しい選択肢をご提供したり、前向きに治療に取り組むお手伝いが出来るサイト作りを目指しております。

治療をしている皆に知って欲しい 最新の治療法や経済的な負担を助ける制度

公開日:2011年12月1日
1990年に発足した「東京肝臓友の会」は約2,700人の会員を擁しています。病気を知り、病気に負けないように仲間同士で励まし合いながら活動を進めています。患者向けの講演会を開催して、最新の治療法や臨床試験の進捗などについて報告をしています。また、全国からの電話相談も受け付けて、肝がんの治療法や医師と […]

婦人科医師が語る 卵巣がん治療

公開日:2011年11月1日
卵巣がんの症状 卵巣がんは卵巣に腫瘍ができる病気です。サイレントキラーとも言われる病気でもあり、初期の自覚症状があまりない人が大部分を占めています。強いて言うならば腹水が溜まり、お腹が膨れて最近スカートがきつくなってきたなどの自覚症状で病院に来られる人もいるぐらいです。卵巣癌のもう一つの問題は手術前 […]

大腸がんガイドライン解説

公開日:2011年11月1日
大腸がんの病期分類と治療法選択 大腸がん(盲腸、結腸、直腸)の病期分類は、ほかの癌種でも使われているTMN分類だけでなく、国際的に広く使われる「デュークス分類」が使われます。両者はわずかな違いがあるだけで、下記のように相当します。 デュークス分類 TMS分類 状態 デュークスA ステージ0〜Ⅰ がん […]

口腔がんの治療で注目される メトロノーム化学療法と免疫療法

公開日:2011年10月14日
口腔がんの再発リスクと標準治療 ひとくちに口腔がんといっても、発生した部位によって、舌がん、歯肉がん、口底がん、頬粘膜がん、硬口蓋がん等、いくつかに分類されます。さらに、それぞれ扁平上皮がん(SCC)と唾液腺がんに大別され、ほとんどは扁平上皮がんです。唾液腺がんは発生割合こそ低いものの、なかには悪性 […]

前立腺がんガイドライン解説

公開日:2011年10月14日
前立腺がんの病期分類と転移の傾向 前立腺がんの病期分類は、ほかのがんにも共通する「TNM分類」(T:癌の大きさ、N:リンパ節転移の状況、遠隔臓器の有無)に加え、「グリソンスコア」(G)という数値も勘案されます。グリソンスコアとは、腫瘍の悪性度を図る病理学上の分類です。前立腺に針を刺して採取した組織を […]

選択肢が豊富な大腸がん治療 全人的な視点で判断を

公開日:2011年9月1日
大腸がんの動向 最新の我が国のがん種別死亡者数統計において大腸がんは第3位に位置しています。その数は近年増加の一歩を辿っており、近い将来第2位の胃がん、第1位の肺がんを上回ると予想されています。原因は現代人の高脂肪食の増加、食物繊維摂取の不足にあると言われていますが、日本全体の生活習慣の変化に伴うも […]

第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 市民公開講座 「がん薬物療法の最先端〜がん薬物療法のPMSを考える」 取材レポート

公開日:2011年9月1日
2011年7月24日、日本臨床腫瘍学会主催の市民公開講座「がん薬物療法の最先端〜がん薬物療法のPMSを考える」がパシフィコ横浜にて開催されました。がんの薬物療法が大きく進歩し、治療成績も向上する中、広い視野に立ってがん治療を考える必要が出てきました。それが「PMS」(Physical:体、Menta […]

第47回 肝癌研究会 「肝臓のがんを探る」 再発・転移に関するレポート

公開日:2011年9月1日
2011年7月28日~29日に第47回日本肝癌研究会が静岡県静岡市にて開催されました。テーマは「肝臓のがんを探る」です。主催の日本肝癌研究会は内科、外科、放射線科、病理、分子生物、疫学などの専門家が2200名ほど参加している肝がんの基礎と臨床を研究している研究会です。 近年では遺伝子レベルでのがん研 […]

肝胆膵がんの再発・転移には、集学的治療でアプローチ

公開日:2011年8月1日
肝胆膵がんの診断・治療の過去と現状 私は長年にわたり、外科医として肝胆膵領域のがん治療に携わってきました。この領域のがんは、非常に早期発見が難しく、診断がつきにくいものです。肝がんの場合は、診断方法の進歩や手術治療、塞栓療法、ラジオ波焼灼や肝臓移植に至るまで各種治療法があり、集学的がん治療として比較 […]

正しくがんを知ろう-再発・転移性乳がん ガイドライン解説

公開日:2011年8月1日
乳がんの病期分類と転移の傾向 がんの治療法を決めるにあたっては、病期(ステージ)を目安にするのが基本です。病期は、原発腫瘍の大きさ(Tumor)、リンパ節転移の広がり(Node)、遠隔転移の有無(Metastasis)を組み合わせる「TMN分類」によってⅠ~Ⅳに分けられ、数字の大きいほど進行がんを示 […]