2018年10月27日(土)14:00~ フクラシア八重洲(東京)にて開催 あきらめないがんセミナー

がん治療紹介

再発・転移がんへの治療法について、医師のコラムや独自取材を通してご紹介していきます。

最先端がん治療紹介の編集方針について

「再発転移がん治療情報」では、がん治療に精通した医師の方へのインタビューや学会、患者会ほか独自の取材を通して、新しいがん治療情報を随時ご提供しております。手術、抗がん剤、放射線治療と言った標準治療の中でも最新の治療法や、免疫療法や漢方など注目の治療法を取り上げていきます。また、このサイトでは特に進行がんやがんが再発・転移された方に有用と思われる情報を掲載していきたいと考えております。
がん治療に関するニュースや情報サイトは他にもたくさんありますが、再発・転移がんに特化したものは少なく、また、毎日更新される膨大な情報をチェックし、ご自身の治療に役立つものをピックアップしていくことは容易ではありません。
本サイトでは、再発・転移がんの治療を対象としたトピックをどなたにも分かりやすくお伝えし、治療を必要とされる患者様へ新しい選択肢をご提供したり、前向きに治療に取り組むお手伝いが出来るサイト作りを目指しております。

2 / 2312345...1020...最後 »

【特集記事】大腸がんの原発部位で異なる予後、薬物治療の効果

公開日:2018年2月28日
盲腸・上行・横行結腸は右、下行・S状結腸、直腸は左 国立がん研究センターが昨年8月9日に公表したがん患者の5年生存率の集計結果によると、すべてのがんの平均5年生存率は65.2%でした。部位別で見ると、5大がんでは胃がん70.4%、大腸がん72.6%、肝臓がん38.5%、肺がん39.1%、乳がん(女性 […]

【特集記事】免疫療法の最新事情 世界では治療法として確立

公開日:2018年1月31日
免疫療法は100年以上の歴史がある がんの治療は、手術、放射線、化学療法の3大療法の時代が長く続きましたが、今は、これらに免疫療法を加え、4大治療の時代になりました。教科書的にも、免疫療法は認知されています。一般的には知られていませんが、免疫療法の始まりは19世紀の終わりごろで、100年以上の歴史が […]

【トピックス】がんへの攻撃力高めた「CAR-T細胞療法」

公開日:2018年1月31日
外科療法、化学療法、放射線療法に続くがん治療の第4の柱として期待されている免疫療法の1つ、「キメラ抗原受容体T(CAR-T;カーティー)細胞療法」の本格的な臨床実用化に向け、国内、海外での動きが活発になっています。 がん攻撃のプログラムが埋め込まれたT細胞 T細胞は血液中を流れる白血球の中のリンパ球 […]

【特集記事】がん専門病院の専門性を支えるのは総合病院との連携

公開日:2017年12月28日
がん患者の1割に心血管疾患が併存 内閣府の「がん対策に関する世論調査」(2016年11月)によると、患者さんががんの治療を受ける病院として重視することは、「専門的な治療を提供する機器や施設の有無」(60%)、「医師や看護師の技術の優秀さ」(57%)、「自宅からの距離」(51%)、「受診にかかる経済的 […]

【特集記事】がん、再発・転移とどう向き合うか――患者さんと医療者が一緒に答えを探す

公開日:2017年11月30日
患者さんの気持ちも医師の本音もわかるからこそ がんの手術ではがん細胞を取り残さないように、普通はがん組織の周囲の正常組織を含めて切り取ります。完全に切除できればがんは治癒します。たとえば、早期胃がんでほかに転移がなければ、手術でほぼ100%治すことができます。進行がんの手術では、がんの原発巣と、転移 […]

【トピックス】第30回サイコオンコロジー学会総会・第23回日本臨床死生学会総会合同大会レポート

公開日:2017年11月30日
死までの生を生きる 10月14、15日に東京都内で第30回サイコオンコロジー学会総会と第23回日本臨床死生学会総会の合同大会が開催されました。「死までの生を生きる」をテーマに、「死」と「生」についての数多くの研究成果が報告されました。 [会長講演から] 自分の人生を振り返る 合同大会の会長を務めた、 […]

【特集記事】がん治療と漢方薬――がん患者さんを支える漢方

公開日:2017年10月31日
漢方外来のがん患者さんたち 僕は大学では医学の研究や教育に取り組み、大学の付属病院では血管外科の専門医として患者さんの診療を行っています。その一方、愛誠病院(東京都板橋区の本院と台東区上野にある併設のクリニック)では、漢方外来を担当しています。 西洋医学は診療科が分かれていますが、漢方は診療科を問い […]

【トピックス】日本がんサポーティブケア学会第2回学術集会レポート―がん患者さんの心身支える治療・ケアの研究成果が集結

公開日:2017年10月31日
抗がん剤による神経障害、皮膚障害管理の手引きまとまる 日本がんサポーティブケア学会の第2回学術集会(会長:埼玉医科大学国際医療センター乳腺腫瘍科・佐伯俊昭氏)が、10月27日、28日、さいたま市の大宮ソニックシティで開催されました。メインテーマは「がん患者の心と体を支える力を養う」で、「痛み」「神経 […]

【特集記事】遺伝性乳がん卵巣がんの最新知見――卵巣がんを中心に

公開日:2017年9月29日
遺伝するがん、しないがん ヒトは性別に関与する遺伝子を除き、同じ働きを持つ遺伝子を一対(ふたつ)ずつ持っています。遺伝性腫瘍は基本的に常染色体(性に関わる染色体以外の染色体)の優性遺伝で、一対のうち、どちらかの遺伝子に変異があれば発症する可能性があります。ただし、遺伝的に異常があったとしても発症しな […]

【トピックス】乳がん、卵巣がんの抑制遺伝子の働きを助けるタンパク質発見

公開日:2017年9月29日
大阪大学は、遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)の原因遺伝子のひとつ、BRCA1が適切に働くために重要な役割を果たすたんぱく質を発見しました。この結果は、2017年7月12日に国際雑誌「Cell Reports」のオンライン版で公開されました。 遺伝性乳がん卵巣がんの原因、BRCA1 生物の設計図である […]
2 / 2312345...1020...最後 »