がん治療紹介

再発・転移がんへの治療法について、医師のコラムや独自取材を通してご紹介していきます。

最先端がん治療紹介の編集方針について

「再発転移がん治療情報」では、がん治療に精通した医師の方へのインタビューや学会、患者会ほか独自の取材を通して、新しいがん治療情報を随時ご提供しております。手術、抗がん剤、放射線治療と言った標準治療の中でも最新の治療法や、免疫療法や漢方など注目の治療法を取り上げていきます。また、このサイトでは特に進行がんやがんが再発・転移された方に有用と思われる情報を掲載していきたいと考えております。
がん治療に関するニュースや情報サイトは他にもたくさんありますが、再発・転移がんに特化したものは少なく、また、毎日更新される膨大な情報をチェックし、ご自身の治療に役立つものをピックアップしていくことは容易ではありません。
本サイトでは、再発・転移がんの治療を対象としたトピックをどなたにも分かりやすくお伝えし、治療を必要とされる患者様へ新しい選択肢をご提供したり、前向きに治療に取り組むお手伝いが出来るサイト作りを目指しております。

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »

【最新医療】がん経験者 喫煙で二次原発がん発症リスクが上昇

公開日:2014年12月29日
 タバコの煙には4,000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち200種類以上は有害であり、その中には少なくとも60種類以上の発がん性物質などが含まれるといわれています。こうした有害物質を体内に取り込むことにより、がんをはじめ、さまざまな健康障害を引き起こすことが、国内外の多くの研究によって示されてい […]

【特集記事】可能性をあきらめなかった私の友人

公開日:2014年12月1日
 約40年にわたって消化器外科に携わってきた医師として、私は多くの友人・知人を患者として診てきました。今回は、その中の一人で、がんの診断から治療まで関与した高校の同級生であるM君(64歳)をケーススタディーとして紹介させていただきます。彼の正にあきらめないがん治療経過を通して、一人でも多くの患者さん […]

【最新医療】切除不能進行・再発胃がんに対するオキサリプラチンの適応拡大

公開日:2014年12月1日
 従来、主に大腸がんに対する化学療法で使われてきた抗がん剤のオキサリプラチンが、今年9月から切除不能進行・再発胃がんにも使用されるようになりました。 粘膜下層から血管、リンパ管に入ったがん細胞は全身に拡散  がんの進行の程度は、がん組織の胃壁への深達度、リンパ節やほかの臓器への転移の有無によって病期 […]

【特集記事】医療現場とがん患者さんの隙間を埋める「がん哲学外来」

公開日:2014年10月31日
がん患者さんには、家と病院以外に、もう一つの場所が必要だった  2007年にがん対策基本法が成立しました。がん対策基本法の中では、がん患者さんの心のケアの重要性が打ち出され、全国に407か所ある「がん診療拠点病院」にがん相談支援センターを開設して、がん相談員が配置されました。 これにより患者さんの心 […]

【特集記事】SBRT、IMRTを使った放射線治療の進歩

公開日:2014年10月1日
放射線治療の進歩(SBRT、IMRTを使った治療)  放射線治療の分野は、近年めまぐるしい進歩を遂げています。以前よりも病変部に集中的に放射線を照射することが可能になったことにより、副作用を少なくし、より効果的な治療が可能になりました。陽子線治療や重粒子線治療を使った治療が増えていますが、照射できる […]

【特集記事】膵臓がん ~先生のご家族ががんになったらどうしますか?~

公開日:2014年8月29日
Q再発・転移膵臓がんの治療法を教えてください。  膵臓がんにおける治療選択では、まず手術で切除できるかを判断するところから始まります。膵臓にがんがとどまっていて、転移がない場合が手術の良い適応です。膵臓がんは早期発見が難しいため、切除可能な患者さんは10人に2人程度です。膵臓にのみにがんが留まってい […]

【特集記事】立ち上げから3年、 “あきらめないがん治療”の今後の展望

公開日:2014年7月31日
 「再発・転移がん治療情報‘あきらめないがん治療’」のWEBサイトを立ち上げてから3年が経ちました。今回はサイト設立のひとつの節目として、その活動に関する思いや、WEB無料相談でよく寄せられる悩み、あきらめないがん治療ネットワークの今後の活動などについて、代表理事である田口 淳一先生に話を伺いました […]

【最新医療】肝がんの患者さんを支援する 東京肝臓友の会

公開日:2014年7月31日
日本肝臓病患者団体協議会 常任幹事 特定非営利活動法人 東京肝臓友の会 事務局長 厚生労働省肝炎対策推進協議会委員 東京都ウイルス肝炎対策協議会委員 米澤 敦子 様 東京肝臓友の会、3つの役割  東京肝臓友の会には3つの目的・役割があります。一つは「病気を医学的に正しく捉えること」、二つ目は「病気と […]

【特集記事】 先生のご家族や知り合いの方が がんになったらどうしますか?XIII

公開日:2014年6月30日
今回のドクターインタビューでは、順天堂大学医学部附属順天堂医院 乳腺科 教授 齊藤光江先生に乳がんを中心とした治療と、その考え方についてお話を伺いました。がん治療におけるチーム医療の役割とは何か、患者さんの納得感を伴った治療をするためには何が大切なのか、齊藤先生の思いをお聞きください。 患者さんに対 […]

【最新医療 I 】分子標的薬トラスツズマブの適応拡大 〜進行・再発胃がんにも適応が拡大されたトラスツズマブの治療における役割

公開日:2014年6月30日
進行・再発胃がんにおいてトラスツズマブが適応拡大になった経緯  2011年3月、HER2陽性で治癒切除不能な進行・再発の胃がんに、トラスツズマブの効能・効果が追加承認され、進行・再発胃がんにおける治療が大きく変わりました。HER2陽性とは、がん細胞の増殖に関わるHER2タンパクあるいはHER2遺伝子 […]
10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »