2018年10月27日(土)14:00~ フクラシア八重洲(東京)にて開催 あきらめないがんセミナー

正しくがんを知ろう-再発・転移性胃がん ガイドライン解説

カテゴリ:がん治療紹介, 各種がん種, |キーワード:
最先端がん治療紹介の編集方針について

「再発転移がん治療情報」では、がん治療に精通した医師の方へのインタビューや学会、患者会ほか独自の取材を通して、新しいがん治療情報を随時ご提供しております。手術、抗がん剤、放射線治療と言った標準治療の中でも最新の治療法や、免疫療法や漢方など注目の治療法を取り上げていきます。また、このサイトでは特に進行がんやがんが再発・転移された方に有用と思われる情報を掲載していきたいと考えております。
がん治療に関するニュースや情報サイトは他にもたくさんありますが、再発・転移がんに特化したものは少なく、また、毎日更新される膨大な情報をチェックし、ご自身の治療に役立つものをピックアップしていくことは容易ではありません。
本サイトでは、再発・転移がんの治療を対象としたトピックをどなたにも分かりやすくお伝えし、治療を必要とされる患者様へ新しい選択肢をご提供したり、前向きに治療に取り組むお手伝いが出来るサイト作りを目指しております。

公開日:2011年6月6日

胃がんの治療法について考える前に、ご自分の身体の状態を把握しておくことが大切です。ここでは、日本胃癌学会の「胃癌治療ガイドライン」にそって、胃がんの広がり方や再発・転移したがんの治療法など解説します。

胃がんの広がり方と再発・転移を解説

最初に胃がんができる場所は胃のいちばん内側の粘膜で、大きくなると徐々に胃壁の深いところに進んでいきます。やがて胃壁をつきやぶり、胃の表面にがんができたり、他の臓器にがん細胞が散らばることもあります。これが、胃がんが進行する基本的な流れです。 そして血管やリンパ管に入り込んだがん細胞が、ほかの臓器に到達してがんになることを「転移」といいます。胃がんの転移には、次のような3大転移があります。

表1 胃がんの3大転移

・リンパ行性転移
がんがリンパ管を通ってリンパ節に転移する。 胃がんの転移でもっとも多いタイプ。
・血行性転移
がんが血管を流れ、肝臓や肺など他の臓器に転移する。
・腹膜播種性転移
がんが進行して胃壁をつきやぶった際、お腹のなかにがん細胞が散らばり、ほかの臓器に転移する。

また、手術などで治ったように見えたがんが、再び顔を出した状態を「再発」といいます。手術時には小さくて肉眼や検査で見つからなかったがんが、時間をかけて大きくなる場合も一定の頻度でおこります。胃がんの再発は、部位によっていくつかの種類にわけられます。

表2 再発胃がんの種類

・腹膜再発(がん性腹膜炎)
胃がんのなかで最も多い再発。進行したがんが胃の表面まで到達する際、お腹のなかにがん細胞が散らばり、ほかの臓器に根付いて大きくなった状態。
・肝再発
胃壁にあったがん細胞が血液にのって肝臓に流れ、そのまま根付いて大きくなった状態。
・リンパ節再発
胃壁のリンパ管から流れ込んだがん細胞がリンパ腺に到着し、大きくなった状態。
・残胃再発
胃の切除手術で残した部分に再びがんができた状態。
・遠隔臓器再発
がん細胞が血液やリンパ液にのって肺や骨、脳など遠くの臓器に到達し、大きくなった状態。