2018年10月27日(土)14:00~ フクラシア八重洲(東京)にて開催 あきらめないがんセミナー

ドクターコラム

医師のインタビューを元にした再発転移がんのための治療紹介。

最先端がん治療紹介の編集方針について

「再発転移がん治療情報」では、がん治療に精通した医師の方へのインタビューや学会、患者会ほか独自の取材を通して、新しいがん治療情報を随時ご提供しております。手術、抗がん剤、放射線治療と言った標準治療の中でも最新の治療法や、免疫療法や漢方など注目の治療法を取り上げていきます。また、このサイトでは特に進行がんやがんが再発・転移された方に有用と思われる情報を掲載していきたいと考えております。
がん治療に関するニュースや情報サイトは他にもたくさんありますが、再発・転移がんに特化したものは少なく、また、毎日更新される膨大な情報をチェックし、ご自身の治療に役立つものをピックアップしていくことは容易ではありません。
本サイトでは、再発・転移がんの治療を対象としたトピックをどなたにも分かりやすくお伝えし、治療を必要とされる患者様へ新しい選択肢をご提供したり、前向きに治療に取り組むお手伝いが出来るサイト作りを目指しております。

10 / 10« 先頭...678910

がん治療認定医が語る膵臓がん治療

公開日:2011年2月26日
自覚症状が乏しく、発見が遅れやすい 膵臓は体の一番背中側の奥にあり、がんの発見が遅れやすい臓器です。多くの場合、背中の痛みや黄疸などで医療機関を受診し、がんが見つかりますが、それらの症状が表れる頃にはかなり進行していて、治療も難しい状況になっています。 膵臓は、「頭」「体」「尾」の3つに分かれた形を […]

がん認定医が語る肝臓がん

公開日:2011年2月26日
転移性肝がんが多い理由 消化管で吸収された栄養素などは、血液にのって肝臓を通り、分解、代謝、解毒されてから全身に回ります。そのため、肝臓は胃や大腸などいくつもの消化管とつながっているのですが、それらの臓器から高い頻度でがんが転移します。肝臓と消化管をつなぐ血管を「門脈」といい、この門脈にほかの臓器の […]
10 / 10« 先頭...678910