2018年10月27日(土)14:00~ フクラシア八重洲(東京)にて開催 あきらめないがんセミナー

がん治療紹介

再発・転移がんへの治療法について、医師のコラムや独自取材を通してご紹介していきます。

最先端がん治療紹介の編集方針について

「再発転移がん治療情報」では、がん治療に精通した医師の方へのインタビューや学会、患者会ほか独自の取材を通して、新しいがん治療情報を随時ご提供しております。手術、抗がん剤、放射線治療と言った標準治療の中でも最新の治療法や、免疫療法や漢方など注目の治療法を取り上げていきます。また、このサイトでは特に進行がんやがんが再発・転移された方に有用と思われる情報を掲載していきたいと考えております。
がん治療に関するニュースや情報サイトは他にもたくさんありますが、再発・転移がんに特化したものは少なく、また、毎日更新される膨大な情報をチェックし、ご自身の治療に役立つものをピックアップしていくことは容易ではありません。
本サイトでは、再発・転移がんの治療を対象としたトピックをどなたにも分かりやすくお伝えし、治療を必要とされる患者様へ新しい選択肢をご提供したり、前向きに治療に取り組むお手伝いが出来るサイト作りを目指しております。

1 / 2312345...1020...最後 »

【特集記事】放射線治療医からセカンドオピニオンを受けるメリット

公開日:2018年9月28日
日本で放射線治療が普及しない理由 定位放射線治療 、強度変調放射線治療、はX線・γ線による治療方法、陽子線治療、重粒子線治療は粒子線を用いた治療、その他にも中性子とα線を用いているホウ素中性子捕捉療法、体内に放射線源を入れて照射する密封小線源治療などがあります。近年、放射線による治療は近年大きく進歩 […]

【特集記事】「抗がん剤を止める時」について

公開日:2018年8月31日
抗がん剤は諸刃の剣 薬は、私たちの健康状態を回復・保持・向上させるものです。鎮痛剤は痛みを抑え、解熱剤は熱を下げ、抗がん剤はがんに対して効果を発揮します。ただし抗がん剤は、単独で使った場合、効果があるのはせいぜい30-40%で、効かない可能性のほうが大きいという特殊な薬です。抗がん剤が効かない患者さ […]

【特集記事】がん患者さんに「静脈血栓塞栓症」が多い理由と予防法

公開日:2018年7月31日
静脈内で凝固した血液が血管を詰まらせる 静脈血栓塞栓症とは、静脈の中に「血栓」(※1)ができて血管を詰まらせる疾患です。静脈血栓塞栓症にはいくつかの種類がありますが、特に重要なものは肺の動脈が詰まる「肺血栓塞栓症」と、手足の静脈が詰まる「深部静脈血栓症」です。この2つの疾患は連続する疾患で、致死的な […]

【トピックス】薬局の管理栄養士が在宅患者さんを「訪問栄養指導」

公開日:2018年7月31日
約90人の管理栄養士が栄養面から健康をサポート がん治療の効果やQOL(生活の質)に大きく影響する、患者さんの栄養状態。栄養が十分にとれていないと、体力・免疫力が落ちて感染症などにかかりやすくなります。入院中は病院食で栄養がサポートされますが、退院後は患者さんの状態や家族構成など、さまざまな要因で食 […]

【特集記事】がん治療の最新動向――プレシジョンメディシン、リキッドバイオプシーとは

公開日:2018年6月29日
遺伝情報から最適な治療薬を選ぶプレシジョンメディシン 国立がん研究センターは6月1日、「がんゲノム情報管理センター」を開設しました。治療法が確立していないがんなどに関して、患者さんから得られた遺伝子変異のデータなどを集約し、遺伝情報から最適な治療薬を選ぶ「がんゲノム医療」を進めていくことが公表されま […]

【トピックス】がんゲノム医療の最新情報

公開日:2018年6月29日
「がんゲノム情報管理センター」開設――国立がん研究センター 日本でもがんの個別化医療(プレシジョンメディシン)がいよいよ本格的に動き始めました。 国立がん研究センターは、がんゲノム医療の新たな拠点として「がんゲノム情報管理センター」を6月1日に開設したと発表しました。 がんゲノム医療とは、患者さん一 […]

【特集記事】がん患者さんの食事は高たんぱく、高カロリーを心がけて

公開日:2018年6月1日
体重減少は主に骨格筋の減少が原因 がん患者さんにみられる体重の減少は、がんそのものによる影響、手術による影響、抗がん剤治療や放射線治療による影響などが原因で起こります。がん細胞、免疫担当細胞が分泌するサイトカインが引き起こす代謝異常も考えられます。 がんの手術を受けると、手術の侵襲だけでなく、傷が治 […]

【特集記事】全面禁煙なくして受動喫煙対策なし――「タバコ・ゼロ・ミッション」の実現

公開日:2018年4月27日
受動喫煙と肺がんの間に十分な因果関係 たばこの煙には分かっているだけで7000種類、未知のものを加えると十万種類以上の化学物質が含まれています。うち200種類の有害物質、70種類の発がん物質が含まれ、さらにニコチンやアセトアルデヒドには依存性があります。 国内の研究では、がんになった人のうち、男性の […]

【特集記事】がん患者さんと家族の心のケアの専門クリニックから患者さんへ

公開日:2018年3月30日
がんも慢性疾患であり、けっして特別な病気ではありません 「リエゾン精神医学」という言葉をご存知でしょうか。 これは、精神科医が精神科だけでなく、救急はじめ内科、外科から緩和医療まであらゆる診療科と連携しながらチーム医療で患者さんの心のケアに携わる新しい領域です。精神科医である私は、リエゾン精神医学、 […]

【トピックス】がん患者さんのフィットネス普及活動に広がり

公開日:2018年3月30日
がんを抱えながらアメリカで資格を取得 がん患者さんが運動(フィットネス)で体力をつけ明るく過ごしながら社会復帰を目指すがんのリハビリテーションが東京と名古屋を中心に少しずつ広がり始めています。がん患者さんやがん経験者が運動を始めるきっかけづくりをサポートしようと、がん経験者らががんフィットネス教室を […]
1 / 2312345...1020...最後 »