細胞障害性抗がん剤 予防薬・治療薬を併用して副作用をコントロール

公開日:2011年06月28日

目次

がんの進行を抑える「細胞障害性抗がん剤」

抗がん剤は、目に見えない小さながん細胞を死滅させたり、増殖を抑えたりする薬です。外科手術で切除できないがんの治療や、進行・再発がんの増殖と転移の阻止、あるいは痛みの緩和などのために使われます。白血病など血液のがんへの効果が高く、胃がん、肺がん、大腸がんといった固形がんの手術後の治療にも使われます。
抗がん剤は、「細胞障害性抗がん剤」と「分子標的治療薬」の2種類があり、一般に”抗がん剤”といったときは、前者の細胞障害性抗がん剤を指します。
細胞障害性抗がん剤は、わたしたちの身体を作っている細胞に直接または間接的に作用し、がんを攻撃します。がん細胞だけでなく正常な細胞まで攻撃することになるため、薬物有害反応(副作用)が出やすい難点がありますが、さまざまな種類のがんへの効果が期待できます。
一方、分子標的治療薬は、がん細胞だけに作用する新しいタイプの抗がん剤です。薬物有害反応が表れにくいとして注目されており、最近では臨床でも使用されるようになりました。ただ、現段階では分子標的治療薬の効果が認められるがんは限られています。
ここでは、細胞障害性抗がん剤に絞って解説します。

細胞障害性抗がん剤の種類

細胞障害性抗がん剤は、がん細胞への効き方によっていくつかに分けられています。また、投与方法もさまざまで、飲み薬や筋肉注射、点滴による静脈注射などが代表的です。通常、細胞障害性抗がん剤は血液を介して全身に散らばったがんを治す全身療法として用いられます。しかし、局所的に進行したがんの場合は、太い静脈に直接抗がん剤を注入する「動注療法」という局所療法を用いることもあります。代表的な細胞障害性抗がん剤は下記の通りです。

細胞障害性抗がん剤の種類 特徴 一般名
代謝拮抗薬 がん細胞に含まれる酵素にはたらきかけてDNA合成を阻害し、がんの増殖を抑える。作用機序により、
ピリミジン代謝拮抗剤(フルオロウラシル系、シタラビン系)、葉酸代謝拮抗剤、プリン代謝拮抗剤に分類される
【ピリミジン代謝拮抗剤:フルオロウラシル系】フルオロウラシル、テガフール、テガフール・ウラシル、ドキシフルリジン、テガフール・ ギメラシル・オテラシルカリウム、カペシタビン 
【ピリミジン代謝拮抗剤:シタラビン系】シタラビン、エノシタビン、ゲムシタビン塩酸塩、フルダラビンリン酸エステル
【葉酸代謝拮抗剤】スルファジアジン
スルファメトキサゾール、ジアフェニルスルホン
【プリン代謝拮抗剤】クラドリビン、ペントスタチン
【その他】ネララビン
アルキル化剤 がん細胞のDNAの分裂を阻害する。DNAには2本の対になった核塩基があるが、その2本の間に”橋”を作る(架橋形成)。がん細胞が分裂しようとすると、その”橋”の部分で核塩基がちぎれて死滅する。 【マスタード系】シクロホスファミド水和物、イホスファミド、メルファラン、ブスルファン、チオテパ
【ニトロソウレア系】ラニムスチン、ニムスチン塩酸塩
【ヒドラジン系】ダカルバジン、テモゾロミド
抗がん性抗菌薬 作用機序は薬剤によって異なる。アントラサイクリン系は、がん細胞のDNAの塩基対の間に入り込んでDNAやRNA(リボ核酸)の合成を阻害する。例えばアクチノマイシンDは、二重鎖DNAに結合して、DNA依存性RNAピリメラーゼを阻害。ブレオマイシンは、DNAを切断してDNA生合成を阻害する。 【アントラサイクリン系】ドキソルビシン塩酸塩、ダウノルビシン塩酸塩、アクラルビシン塩酸塩、ピラルビシン塩酸塩、エピルビシン塩酸塩、イダルビシン塩酸塩、アムルビシン塩酸塩、ミトキサントロン塩酸塩
【ブレオマイシン系】ブレオマイシン塩酸塩、ペプロマイシン硫酸塩
【マイトマイシン】マイトマイシンC
【その他】アクチノマイシンD、ジノスタチンスチマラマー
微小管重合阻害薬 がん細胞に含む微小管に作用する薬。微小管を形成するチュブリンに結合して、微小管の重合(小さな分子化合物が結合して大きな分子化合物になる)を阻害。細胞分裂を阻止する。 【ビンカアルカロイド系】ビンクリスチン硫酸塩、ビンブラスチン硫酸塩、ビンデシン硫酸塩、ビノレルビン酒石酸塩
微小管脱重合阻害薬 微小管を形成するチュブリンの合成を過度に促進して脱重合を阻害。細胞分裂を阻止する。 【タキサン系】ドセタキセル水和物、パクリタキセル
トポイソメラーゼ阻害薬 がん細胞のDNAを合成する酵素(トポイソメラーゼ)に作用して、DNAの再結合を阻止。がん細胞の増殖を阻止する。 【トポイソメラーゼⅠ阻害薬】イリノテカン塩酸塩水和物、ノギテカン塩酸塩
【トポイソメラーゼⅡ阻害薬】エトポシド
白金製剤 がん細胞のDNAの核塩基に架橋形成して細胞分裂を阻害する。アルキル化剤に似た作用のため、アルキル化剤に分類されることもある。 【第1世代】シスプラチン
【第2世代】カルボプラチン、ネダプラチン
【第3世代】オキサリプラチン

副作用の具体例と対処法

前述の通り、細胞障害性抗がん剤は副作用が表れやすい問題があります。たとえば、吐き気、嘔吐、脱毛、めまい、しびれ、消化管出血、肝臓や腎臓の機能障害などです。がんの状態や投薬の仕方による差や個人差がありますが、場合によっては効果よりも副作用のほうが強く表れます。

こうした副作用を和らげる方法の一つとして、複数の細胞障害性抗がん剤を組み合わせる「多剤併用化学療法」があります。これは、副作用の出方が異なる細胞障害性抗がん剤をいくつか同時に使用することで、”重い副作用が1つ”ではなく、”軽い副作用を少しずつ”にさせ、身体の負担を軽減する治療法です。複数の細胞障害性抗がん剤を使うため、がんを攻撃する効果が高まるメリットもあります。
また、抗がん剤とは別に、抗生物質など副作用を防止する薬を使用することもあります。主な副作用と、対処法は以下の通りです。

分類 症状 原因・特徴 治療・予防
血液毒性 感染症、貧血、出血など 抗がん剤による血液成分(白血球、赤血球、血小板)の減少 顆粒球コロニー刺激因子(白血球を多く産生させるホルモン)の投与または輸血
感染症 肺炎、敗血症など 血液毒性によって血液中の好中球が減少 抗生物質の投与
消化器毒性 口内炎、吐き気、嘔吐、下痢など 【口内炎】抗がん剤による口内粘膜の炎症。白血球の減少による細菌や真菌への感染。
【吐き気・嘔吐】抗がん剤による脳内の嘔吐中枢への刺激。
【下痢】抗がん剤による超粘膜障害など
【口内炎】抗がん剤投与前後に氷片を口に含んで口内粘膜を保護。あるいは、消炎剤やステロイド、鎮痛剤などの投与。
【吐き気・嘔吐】制吐剤の投与。
【下痢】整腸剤の投与、脱水および電解質異常の補正など
肺毒性 慢性肺炎、発熱、呼吸困難、咳、肺うっ血など 抗がん剤の大量投与が原因のこともあれば、投与量が関係ないこともある。胸部X線と抗がん剤の併用で増尾することがある。 ステロイドの投与など
肝毒性 肝細胞壊死、脂肪変性、肝静脈血栓症、Budd-Chiari症候群、胆汁うっ帯 肝臓は薬物の代謝臓器のため、抗がん剤による影響が大きい。 漏出部位の吸引、患部を冷却または温める。ステロイドの投与など
腎毒性 腎臓機能障害 腎臓は薬物の排泄臓器のため、抗がん剤による影響が大きい。 大量の輸液(生理食塩、高張生理食塩)の投与と、ほかの腎毒性を有する薬との併用を避ける。
膀胱障害 出血性膀胱炎 代謝産物であるアクロレインによる膀胱上皮障害 抗がん剤を使う前に尿量の増加と、アルカリ化の薬剤を投与することで予防・軽減になる
皮膚毒性 色素沈着、脱毛、皮疹 正確な機序は不明 頭皮冷却法、駆血帯法(いずれも十分ではない。頭皮冷却法は白血病やリンパ腫では行わない)
神経毒性 脳神経障害、自律神経障害など 抗がん剤の大量投与や長期投与が原因のこともあれば、投与量・期間が関係ないこともある。 各症状に応じた通常と治療と、抗がん剤投与後の丁寧な観察による予防
血液外漏出 抗がん剤が漏れた部分の組織に障害 細胞毒性が強い抗がん剤が、血管外まで漏出 漏出部位の吸引、患部を冷却または温める。ステロイドの投与など

細胞障害性抗がん剤による治療は、副作用の予防と緩和にかかっています。医師とよく相談した上で治療方針を決めることが大切です。

関連記事

※掲載している情報は、記事公開時点のものです。