【医療情勢】がん対策 都道府県で広がる格差~地域行政で個別化が進んでいる~

公開日:2012年06月29日

目次

死亡率も検診受診率も約2倍の格差がある

がん治療の質を左右する要因には、がんに関する知識の差、治療にかけられる経済力の差のほか、地域による差も挙げられます。国は、2007年のがん対策基本法の施行を機に、治療の質の均てん化を押し進めてきましたが、今もって地域差が存在しているのが現実です。

国立がん研究センターがん対策情報センターの調べによると、2010年における人口10万人あたりのがん死亡率(75歳未満年齢調整死亡率/男女計)は、全国平均で84.3%。もっとも高い青森県は101.1%で、もっとも低い長野県の67.3%と比べると約1.5倍もの差がありました。

がんの部位別死亡率の統計や、がん検診の受診率、医療提供体制の統計などからも、地域間格差が大きいことが浮かび上がります。主なデータに順位を付けると、下記のようになります。いずれも、県によって大きな差があり、住んでいる地域によってがん治療の質が変わってくる問題を表しています。

●がんの部位別死亡率

最高値 最低値
大腸がん 青森県(12.8%) 佐賀県(8.2%)
膵臓がん 青森県(9.2%) 沖縄県(5.1%)
肺がん 鳥取県(18.5%) 長野県(10.3%)
胃がん 秋田県(16.2%) 沖縄県(5.6%)
肝がん 鳥取県(11.6%) 山形県(4.5%)

*国立がん研究センターがん対策情報センター資料/人口10万人対/75歳未満年齢調整死亡率/男女計/2010年

●40歳以上のがん検診受診率

肺がん 最低値
胃がん 山形県(47.0%) 大阪府(21.5%)
大腸がん 山形県(36.3%) 徳島県(18.4%)
肺がん 山形県(35.5%) 大阪府(14.9%)

*国立がん研究センターがん対策情報センター資料/男女系/2010年

●がん治療認定医数

最高値 最低値
鳥取県(155.0人) 福島県(40.4人)

*日本医療政策機構 がん政策情報センターまとめ人口100万人対/2011年4月1日現在

●がん薬物療法専門医数

最高値 最低値
岡山県(12人) 滋賀県(0人)

*日本医療政策機構 がん政策情報センターまとめ/人口100万人対/2011年6月21日現在

●放射線治療認定医数

最高値 最低値
群馬県(13.2人) 茨城県(2.4人)

*日本医療政策機構 がん政策情報センターまとめ/人口100万人対/2011年7月4日現在

●ホスピス病床数

最高値 最低値
高知県(114床) 埼玉県(11人)

*日本医療政策機構 がん政策情報センターまとめ/人口100万人対/2011年2月1日現在

※掲載している情報は、記事公開時点のものです。