乳がん「在宅療養中だが、ねじっただけで骨折の危険性がある。どうしたらよいか」

公開日:2014年10月27日
プロフィール
65 歳 女性 乳がん 多発骨転移。胸部リンパ節転移。多発肺転移。血液 転移
相談内容
ベッドに寝ていて自力で寝返りは出来るが転んだりねじっただけでも骨が折れると説明を受けましたが車椅子でなら自宅に帰って良いと言うことで排泄はカテーテルをつけた状態で大便は自分でと言う事なのですがねじったりしただけでもっていうのはどの程度なのか骨が折れた場合はもう寝たきりですと言われたのですが治す方法がないのか、自宅での介護にどこまで気を付けるべきでどの程度の痛みで病院に戻るべきなのか知りたいです。

全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4)
パフォーマンスステータス4・・・身の回りのこともできず、常に介助がいり、終日就床を必要としている。


痛みの状態(フェイススケール0~5)

フェイス2・・・軽度の痛みがあり、少し辛い。


現在の治療内容
抗がん剤を3回。一回目90%、二回目70%、三回目60%白血球減少や肝機能障害により量を減らしての投与。 肺の方は効果が出てきていると医師からの説明あり。 骨の転移は検査していないので詳しくわかりませんが骨への転移が減少していても溶けた骨は元には戻らないとのことで骨折しやすい状況 痛みが出るので飲み薬を1日3回服用。


主治医の説明
歩きたいと言う本人の希望には添えないが車椅子生活なら自宅へ帰ることが可能で今の次期ではないと帰りたくてもかえれなくなるとのこと。抗がん剤は徐々に効かなくなりますとのこと。 骨盤全体と脊椎、肋骨が転移が酷い

※患者様の相談内容はWEB問診票から一部抜粋しております。

医師からの回答

放射線治療医
痛みの原因となっている部位や骨折の危険性があると言われている骨転移の場所に放射線で治療するとよいと思います。部位によっては1回の治療で終わりますので詳しくは医師の診察で直接ご相談ください。(柏原先生)
総合癌診断医師
詳しくは医師の診察で直接ご相談ください。 具体的な骨への転移場所と、どの程度の大きさの転移であるかがはっきりしませんので断定的なことは言えませんが、柏原先生の言うように、まず、痛みや、骨折の原因となりうる骨転移に関して、放射線治療を行えないかを確かめる必要があると思います。 また、背中の骨(腰椎など)では、骨(椎体)の中に強化するためのセメントを注入して、骨折を防ぐ方法もあります。これは、放射線科のIVRという部門でおこなっています。 主治医から紹介状を書いてもらい、本人が動けないようであれば家族の方が、がん専門病院の、放射線治療の専門医、とIVR専門医にセカンドオピニオンを受けてみてはいかがでしょうか。(森山先生)

※ドクターはWEB問診票に書かれた情報の範囲内で回答しており、実際の診断には直接の診察が必要です。