乳がん「副作用がつらい。どうすればよいか」

公開日:2014年10月27日
プロフィール
59 歳 女性 乳がん転移
相談内容
ホルモン剤をアリミデックス ノルバデックス アロマシン フェアストン フェマーラ あと一つあったような と続けました。フェマーラのときだったように思うのですが頭痛がひどく脳神経外科 歯医者さん 耳鼻科 神経内科 といっても原因わからず。 インターネットのブログに副作用のことが出てたので服用をやめてみました。すると頭痛がぴたっとやみca15-3も下がってきたのです。200を超えていたのが5ヶ月後には98・2まで下がりました。 ただこのままでいいものか心配にもなりまた飲み始めたらマーカーは上がってきました。たまたま下がってただけなのでしょうか? それと余命は?今マーカーの数値も上がり背中、脇、腰、大腿骨の付け根、首と痛く痛み止めとロキソノンテープは必需品です。

全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4)
パフォーマンスステータス2・・・歩行や身の回りのことはできるが、時に少し介助がいることもある。軽労働はできないが、日中の50%以上は起居している。


痛みの状態(フェイススケール0~5)

フェイス3・・・中等度の痛みがあり、辛い。


現在の治療内容
ゾメタ、フェソロデックス


主治医の説明
フェソロデックスが効かなかったら次回次の手へ ca15-3
241・3
cea
6.8

※患者様の相談内容はWEB問診票から一部抜粋しております。

医師からの回答

放射線治療医
乳癌で経過が長くなると主治医でないと全体を把握することは困難になります。ホルモン剤はすぐには効果が出ませんので腫瘍マーカーの効果判定も全体の状況を把握しないと難しいです。まして将来的なことになると元々の病理組織やHER2R,Ki67などの因子も加わってきますのですべてを把握されている主治医でなくては困難です。ホルモン剤の副作用についてもはっきりと主治医に相談された方がよいと思いますので詳しくは医師の診察で直接ご相談ください。(柏原先生)

総合内科専門医
ご質問の内容は主治医の先生にしっかりと伺う必要があると思います。もしくはがんセンターなどの専門病院でセカンドオピニオンをもらうことをお勧めします。詳しくは医師の診察で直接ご相談ください。(田口先生)

外科医
治療経過を伺いますと、主治医の先生は乳がん治療の専門医としては申し分ないと思います。抗がん剤やホルモン剤には、何らかの副作用は必ずあります。やはり、主治医の先生と、これからの治療に関して十分話し合うか、セカンドオピニオンを他専門病院に求めるしかありません。詳しくは医師の診察で直接ご相談ください。(草野先生)

※ドクターはWEB問診票に書かれた情報の範囲内で回答しており、実際の診断には直接の診察が必要です。