がん相談事例

WEB無料医療相談をご利用いただいた内容をご紹介いたします。

1 / 2112345...最後 »

食道がん「声帯にガンが細胞レベルで残っていて、抗がん剤治療等しない理由はどの様な場合があるか。」

公開日:2015年2月27日
プロフィール
64 歳 男性 食道がん
相談内容
父の事です。去年食道ガンと診断され、大きさは6センチ位。ステージは3~4。リンパ転移ありでした。 すぐに手術不可で、抗がん剤治療後に手術でした。 ガンは声帯まであり、今後の生活を考え声帯は残し、リンパ(10箇所転移)は摘出しました。 11月に手術し、今月末に検査した所目に見えるガンはなく、抗がん剤や放射線治療はせず、月一回経過観察との事です。 この場合目に見えず転移は既にしてる可能性がかなり高いのでしょうか? 声帯にガンが細胞レベルで残ってるのに抗がん剤治療等しない理由はどの様な場合があるのでしょうか? 私が主治医と話せる機会がないため見解が知りたいです!よろしくお願いします。

全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4)
パフォーマンスステータス0・・・無症状で社会活動ができ、制限をうけることなく、発病前と同等にふるまえる。


痛みの状態(フェイススケール0~5)

フェイス2・・・軽度の痛みがあり、少し辛い。


現在の治療内容
経過観察


主治医の説明
現在目に見えるガンはない。

※患者様の相談内容はWEB問診票から一部抜粋しております。

膵臓がん「今後の余命・生存率が知りたい。また、保険適用外の治療は受けられるか。」

公開日:2015年2月27日
プロフィール
42 歳 すい臓がん リンパ節 転移
相談内容
今後の生存率、余命などが知りたいです。また、保険適用外の治療なども視野にいれて治療できるのでしょうか?(ペプチドワクチンなどです)

全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4)
パフォーマンスステータス0・・・無症状で社会活動ができ、制限をうけることなく、発病前と同等にふるまえる。



現在の治療内容
アブラキサン+ゲムシタビンの抗がん剤治療


主治医の説明
再発については、リンパ節への転移及び再発とのことで今まで飲んでいたTS-1では効かなかった為新しい薬に変えましょうといわれました。CTを見て、リンパ節のみではなく他にも小さい影が見られるので粒子線での治療は無意味でしょうとのことです。

※患者様の相談内容はWEB問診票から一部抜粋しております。

大腸がん「抗がん剤治療を勧められたが、主治医にはできないといわれた。どうすればよいか。」

公開日:2015年2月27日
プロフィール
55 歳 女性 大腸がん(直腸がん、結腸がん含む) 肝臓 転移
相談内容
父が同時期に大腸がん、肝臓、肺転移で死亡したので、再発の恐れが強く、できる抗がん剤治療があるのであれば行いたいのですが、両方の先生に全く別のことを言われ、どうしたらよいのか相談できる先生を探しております。

全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4)
パフォーマンスステータス0・・・無症状で社会活動ができ、制限をうけることなく、発病前と同等にふるまえる。


痛みの状態(フェイススケール0~5)

フェイス0・・・痛みが全くなく、とても幸せである。


現在の治療内容
肝臓2センチ台の腫瘍1個を、ラジオ波治療後、経過観察中


主治医の説明
ラジオ波治療をされた先生に抗がん剤治療を勧められるが、大腸がんの主治医である静岡がんセンターの先生は、再発したのだからもうあなたにできる抗がん剤治療はありません。経過観察を4ヶ月に1度行うだけです。というお答え(がん細胞の検査はお願いするがやっていただけない)

※患者様の相談内容はWEB問診票から一部抜粋しております。

大腸がん「余命1ヶ月といわれた。少しでも長く生きられるようにまだ何かできないか。」

公開日:2015年2月27日
プロフィール
71 歳 男性 大腸がん(直腸がん、結腸がん含む) 肝臓 転移
相談内容
昨年末に食欲が戻れば、年明けから点滴での抗がん剤治療を始めると言っていたのですが、気持ちが悪く、食事が取れないことから急きょ入院。余命は1か月ないと言われた。 調子がいい時は、歩き回れるし、まだまだ気力がある。 黄疸が出ているため、抗がん剤は現在使用していない。 少しでも長く生きられるよう、まだ何かできないか意見と頂けると非常にありがたいです。 1か月でも余命を伸ばせるのであれば、転院してもいいと考えている。

全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4)
パフォーマンスステータス4・・・身の回りのこともできず、常に介助がいり、終日就床を必要としている。


痛みの状態(フェイススケール0~5)

フェイス1・・・ちょっとだけ痛い。


現在の治療内容
抗がん剤治療


主治医の説明
CEAが7~11と高目であることPET及びMRIの検査の結果骨転移とははっきりしないがランマークの治療を続ける。

※患者様の相談内容はWEB問診票から一部抜粋しております。

乳がん「CEAは骨転移でも高くなるのか。」

公開日:2015年2月27日
プロフィール
58 歳 女性 乳がん 左足付け根の骨に気になる部分がある  転移
相談内容
骨転移とはっきりしないままランマーク注射の治療が必要でしょうか。 また、CEAは骨転移でも高くなるのでしょうか。宜しくお願い致します。

全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4)
パフォーマンスステータス0・・・無症状で社会活動ができ、制限をうけることなく、発病前と同等にふるまえる。


痛みの状態(フェイススケール0~5)

フェイス0・・・痛みが全くなく、とても幸せである。


現在の治療内容
アロマシン1回1錠、カルシウム、VDを1日1錠服用 4週間に1度ランマークを注射


主治医の説明
CEAが7~11と高目であることPET及びMRIの検査の結果骨転移とははっきりしないがランマークの治療を続ける。

※患者様の相談内容はWEB問診票から一部抜粋しております。

小細胞癌がん「末期がんに対する有効な治療法はあるか。」

公開日:2015年2月27日
プロフィール
78 歳 男性 前立腺がん その他 肺、肝臓、骨 転移
相談内容
東海大学病院では具体的な治療法については言及されなく、末期癌に対する他の治療法についてインターネットや本で調べているが、膨大な情報から有効的な治療法や病院が分からない為、アドバイスをお願いします。

全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4)
パフォーマンスステータス3・・・身の回りにある程度のことはできるが、しばしば介助がいり、日中の50%以上は就床している。


痛みの状態(フェイススケール0~5)

フェイス5・・・耐えられないほどの強い痛みがある。


現在の治療内容
診断結果が最近出ましたが、抗がん剤は効果が分からない、放射線治療は効果が期待出来ずと医師に言われた。 具体的にはまだ始めていない。


主治医の説明
前立腺癌の治療をホルモン剤を使っており、マーカー値は安定していて、定期的に実施していた血液検査でも異状は顕在化していなかった。 昨年末から腰の痛みが激しくなり整形外科を受診していたが泌尿器科の主治医より CTや複数の検査により、神経内分泌系の小細胞ガンと説明を受けた。 有効な治療法はなく、このままだと数ヶ月の余命と宣告された。

※患者様の相談内容はWEB問診票から一部抜粋しております。

悪性リンパ腫「医師から、もう抗がん剤を打っても意味がなく、本人が苦しむだけだといわれた。どうすればよいか。」

公開日:2015年2月27日
プロフィール
32 歳 男性 悪性リンパ腫
相談内容
病気の内容は、頭のリンパ腫です。 5月5日ぐらいから様子がおかしくなり、歩き方も右脚がもたつく感じになりました。 最初は様子見てたのですが、一週間経過した時に目にくぼみができたり、ご飯をあまりたべなくなりました。 5月中旬ぐらいに脳神経外科にCTをとりにいくと、腫瘍ができてますといわれ大きい病院でみてもらいましたが、頭を割ってみないとわからないと言われ、8時間の手術後リンパ腫とわかりました。命は1年間ぐらいですといわれ、家族全員落ち込みましたがなるようにしかならないと言われ悔しさ一杯で今に至ります。 手術後、一週間は目を覚まさなかったのですが何とか目を覚ましてくれてほっとしたのもつかの間、息子の名前や家族の名前がでてきません。顔はみたらわかりますが、老人の認知症みたいになってしまいました。 放射線で頭の中にあるモヤモヤしてる部分は消えてましたが、腫瘍が全部取ることができなかったので1月になり再発しました。 もう医師からは、抗がん剤を打っても意味がないし変えても本人が苦しむからといいました。家族からしてみれば、死ぬのをまってとしか聞き取れないんです。 後悔するなら、インターネットでも助けてくれたり相談できたりする先生はおられるはず!と思いお問い合わせ致しました。 実際、もう父親を亡くす覚悟でいる状態で、私も精神的にやられ救急車で運ばれ動悸になりました。それ程毎日しんどい思いです。どうかご相談にのっていただけませんでしょうか?宜しくお願いします。

全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4)
パフォーマンスステータス4・・・身の回りのこともできず、常に介助がいり、終日就床を必要としている。


痛みの状態(フェイススケール0~5)

フェイス3・・・中等度の痛みがあり、辛い。


現在の治療内容
病気の内容は、頭のリンパ腫です。 5月5日ぐらいから様子がおかしくなり、歩き方も右脚がもたつく感じになりました。 最初は様子見てたのですが、一週間経過した時に目にくぼみができたり、ご飯をあまりたべなくなりました。 5月中旬ぐらいに脳神経外科にCTをとりにいくと、腫瘍ができてますといわれ大きい病院でみてもらいましたが、頭を割ってみないとわからないと言われ、8時間の手術後リンパ腫とわかりました。命は1年間ぐらいですといわれ、家族全員落ち込みましたがなるようにしかならないと言われ悔しさ一杯で今に至ります。 手術後、一週間は目を覚まさなかったのですが何とか目を覚ましてくれてほっとしたのもつかの間、息子の名前や家族の名前がでてきません。顔はみたらわかりますが、老人の認知症みたいになってしまいました。 放射線で頭の中にあるモヤモヤしてる部分は消えてましたが、腫瘍が全部取ることができなかったので1月になり再発しました。 もう医師からは、抗がん剤を打っても意味がないし変えても本人が苦しむからといいました。家族からしてみれば、死ぬのをまってとしか聞き取れないんです。 後悔するなら、インターネットでも助けてくれたり相談できたりする先生はおられるはず!と思いお問い合わせ致しました。 実際、もう父親を亡くす覚悟でいる状態で、私も精神的にやられ救急車で運ばれ動悸になりました。それ程毎日しんどい思いです。どうかご相談にのっていただけませんでしょうか?宜しくお願いします。


主治医の説明
もう、抗がん剤打っても本人が苦しむので・・といわれました。

※患者様の相談内容はWEB問診票から一部抜粋しております。

耳下腺がん「顔面神経に絡まっている腫瘍に粒子線治療をした場合、神経部分にどのくらいの副作用があるか。」

公開日:2015年2月27日
プロフィール
39 歳 女性 耳下腺がん
相談内容
耳下腺がんの粒子線治療について、顔面神経に絡まっている腫瘍に粒子線治療をした場合。神経部分はどのくらいの副作用が生じますか? 神経を切断して腫瘍摘出し、神経再建術で回復を待つのとどちらを選択した法がよいのでしょうか?

全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4)
パフォーマンスステータス1・・・軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできる。例えば軽い家事、事務など。


痛みの状態(フェイススケール0~5)

フェイス1・・・ちょっとだけ痛い。


現在の治療内容
耳下腺腫瘍の摘出後、病理検査で低~中悪性の粘表皮がんと診断され、再手術が必要。その際、腫瘍が顔面神経に絡まっているため顔面麻痺を伴う。(今は顔面麻痺なし)


主治医の説明
主治医がいない為、無

※患者様の相談内容はWEB問診票から一部抜粋しております。

転移性脳腫瘍「今後どのように治療方針を選択していいかわからない。」

公開日:2015年2月27日
プロフィール
39 歳 男性 転移性脳腫瘍 3年前に直腸に近い大腸が(直腸がん) 今年6月に肺がんに転移、今年9月に転移性脳腫瘍
相談内容
今後どのように治療方針を選択していいかわからない。 転移性脳腫瘍になった時点で一般的には 予後不良されてますが、末期なのでしょうか? 先生は余命の話などされません。 現在の症状は手の震え、たまに頭痛、たちくらみ、手のしびれがあるくらいです。

全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4)
パフォーマンスステータス1・・・軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできる。例えば軽い家事、事務など。


痛みの状態(フェイススケール0~5)

フェイス2・・・軽度の痛みがあり、少し辛い。


現在の治療内容
3年前に大腸がん(直腸がん)→開腹手術→人工肛門→人工肛門閉鎖※抗がん剤治療
6月に肺がんに転移→癌2か所切除手術
9月に転移性脳腫瘍→右2つ(3.5mm、2.5mm)左1つ(2.5mm)合計3つの癌
9月末に(2週間)全脳照射放射線治療
現在 右1つの大きい腫瘍が徐々に大きくなり、左右1つづつの腫瘍は放射線の効果で徐々に小さくなっている状態


主治医の説明
大きくなっている腫瘍をとるにはかなりのリスクを覚悟しなければならない。(癌が血管に絡み付いているため) 半身不随など、今の状態より悪くなる可能性がある。 今の状態を保って、放射線が効き、小さくなるか、効かずにさらに大きくなっていくかもしれない。 どうするかは、他の医師と相談してまた連絡するとのこと。

※患者様の相談内容はWEB問診票から一部抜粋しております。

耳下腺がん「重粒子線治療をしてがんが消えれば再発はしないか。」

公開日:2015年2月27日
プロフィール
52 歳 女性 耳下腺癌 左耳下腺癌
相談内容
通例、耳下腺癌再発の場合、手術をしても再発を繰り返すのは確実なのでしょうか? 重粒子線治療をして癌が消えれば再発はしないのでしょうか? 重粒子線治療が終わっても癌が消えない場合はもう打つ手がないのでしょうか。 根治は難しいのでしょうか。 私のような状態の場合、統計的な余命年数はどのくらいなのでしょうか。手術をした場合と重粒子線治療をした場合と違いがありますか? 目標は延命に置いたほうがいいのか、根治を目指した方がいいのかわかりません。アドバイスをお願いいたします。

全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4)
パフォーマンスステータス1・・・軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできる。例えば軽い家事、事務など。


痛みの状態(フェイススケール0~5)

フェイス3・・・中等度の痛みがあり、辛い。


現在の治療内容
現在治療していません。再発が発見されたので、それまで飲んでいたTS1を12月3日で打ち切っています。


主治医の説明
左耳下腺の再発箇所が前回よりも神経に沿って少し奥にある。動脈と静脈の間にあり、頭蓋骨にも接している様子。腫瘍の大きさは2~3センチ。なんとか手術可能な位置だが、大手術になる。半身不随になる可能性も10%くらいある。顔も醜くなる。胸から皮膚移植もしなければならない。手術しても必ず再発する。次第に奥へ場所を移しながら再発し、手術を繰り返すことになるだろう。それにも限界があるので余命は最大でも6年ぐらい。 2010年に放射線治療を受けているので、重粒子線治療が可能かどうかわからないが、重粒子線治療が可能ならその方がいいかもしれない。ただし、重粒子線治療で効果がない場合は、手術もできないので緩和治療しかない。

※患者様の相談内容はWEB問診票から一部抜粋しております。

1 / 2112345...最後 »