その他の治療

最先端がん治療紹介の編集方針について

「再発転移がん治療情報」では、がん治療に精通した医師の方へのインタビューや学会、患者会ほか独自の取材を通して、新しいがん治療情報を随時ご提供しております。手術、抗がん剤、放射線治療と言った標準治療の中でも最新の治療法や、免疫療法や漢方など注目の治療法を取り上げていきます。また、このサイトでは特に進行がんやがんが再発・転移された方に有用と思われる情報を掲載していきたいと考えております。
がん治療に関するニュースや情報サイトは他にもたくさんありますが、再発・転移がんに特化したものは少なく、また、毎日更新される膨大な情報をチェックし、ご自身の治療に役立つものをピックアップしていくことは容易ではありません。
本サイトでは、再発・転移がんの治療を対象としたトピックをどなたにも分かりやすくお伝えし、治療を必要とされる患者様へ新しい選択肢をご提供したり、前向きに治療に取り組むお手伝いが出来るサイト作りを目指しております。

1 / 512345

【特集記事】がん治療の最新動向――プレシジョンメディシン、リキッドバイオプシーとは

公開日:2018年6月29日
遺伝情報から最適な治療薬を選ぶプレシジョンメディシン 国立がん研究センターは6月1日、「がんゲノム情報管理センター」を開設しました。治療法が確立していないがんなどに関して、患者さんから得られた遺伝子変異のデータなどを集約し、遺伝情報から最適な治療薬を選ぶ「がんゲノム医療」を進めていくことが公表されま […]

【トピックス】がんゲノム医療の最新情報

公開日:2018年6月29日
「がんゲノム情報管理センター」開設――国立がん研究センター 日本でもがんの個別化医療(プレシジョンメディシン)がいよいよ本格的に動き始めました。 国立がん研究センターは、がんゲノム医療の新たな拠点として「がんゲノム情報管理センター」を6月1日に開設したと発表しました。 がんゲノム医療とは、患者さん一 […]

【トピックス】第30回サイコオンコロジー学会総会・第23回日本臨床死生学会総会合同大会レポート

公開日:2017年11月30日
死までの生を生きる 10月14、15日に東京都内で第30回サイコオンコロジー学会総会と第23回日本臨床死生学会総会の合同大会が開催されました。「死までの生を生きる」をテーマに、「死」と「生」についての数多くの研究成果が報告されました。 [会長講演から] 自分の人生を振り返る 合同大会の会長を務めた、 […]

【特集記事】がん治療と漢方薬――がん患者さんを支える漢方

公開日:2017年10月31日
漢方外来のがん患者さんたち 僕は大学では医学の研究や教育に取り組み、大学の付属病院では血管外科の専門医として患者さんの診療を行っています。その一方、愛誠病院(東京都板橋区の本院と台東区上野にある併設のクリニック)では、漢方外来を担当しています。 西洋医学は診療科が分かれていますが、漢方は診療科を問い […]

【トピックス】日本がんサポーティブケア学会第2回学術集会レポート―がん患者さんの心身支える治療・ケアの研究成果が集結

公開日:2017年10月31日
抗がん剤による神経障害、皮膚障害管理の手引きまとまる 日本がんサポーティブケア学会の第2回学術集会(会長:埼玉医科大学国際医療センター乳腺腫瘍科・佐伯俊昭氏)が、10月27日、28日、さいたま市の大宮ソニックシティで開催されました。メインテーマは「がん患者の心と体を支える力を養う」で、「痛み」「神経 […]

【特集記事】遺伝性乳がん卵巣がんの最新知見――卵巣がんを中心に

公開日:2017年9月29日
遺伝するがん、しないがん ヒトは性別に関与する遺伝子を除き、同じ働きを持つ遺伝子を一対(ふたつ)ずつ持っています。遺伝性腫瘍は基本的に常染色体(性に関わる染色体以外の染色体)の優性遺伝で、一対のうち、どちらかの遺伝子に変異があれば発症する可能性があります。ただし、遺伝的に異常があったとしても発症しな […]

【トピックス】乳がん、卵巣がんの抑制遺伝子の働きを助けるタンパク質発見

公開日:2017年9月29日
大阪大学は、遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)の原因遺伝子のひとつ、BRCA1が適切に働くために重要な役割を果たすたんぱく質を発見しました。この結果は、2017年7月12日に国際雑誌「Cell Reports」のオンライン版で公開されました。 遺伝性乳がん卵巣がんの原因、BRCA1 生物の設計図である […]

【特集記事】がん研究会が進めるプレシジョン・メディスン

公開日:2017年8月31日
がんプレシジョン医療研究センターを開設 がんは遺伝子の変異によって引き起こされる病気です。正常細胞のゲノム上の遺伝子に変異が蓄積してがんが発生することが知られています。しかしながら、がんは同じ臓器に発生しても、患者さんごとにがん細胞の遺伝子に生じている遺伝子の変異は異なります。そのため、がんの治療で […]

【トピックス】プレシジョン・メディスン 実用化に向けさらに一歩前進

公開日:2017年8月31日
東北大学病院が個別化医療をスタート 東北大学病院は6月5日、がん患者さん一人ひとりに最適な治療を提案するシステム「個別化医療」を推進する取り組みを開始しました。同病院内に設置された個別化医療センターを中心に、がん患者さんのゲノム・オミックス解析や診療情報を活用し、クリニカルシーケンス検査などが実施さ […]

【最新医療】大腸がん幹細胞を狙い撃ちする治療モデルの開発に成功――慶應義塾大学

公開日:2017年5月31日
がん幹細胞が生き残って再発や転移を起こす 大腸がんの再発・転移に関与すると考えられる「がん幹細胞」の機能が明らかになり、「がん幹細胞」を標的にした治療モデルが開発されました。慶應義塾大学の消化器内科(佐藤俊朗教授)の研究グループがマウスを使った実験に成功し、科学誌「Nature」に研究成果を報告しま […]
1 / 512345