在宅医療

最先端がん治療紹介の編集方針について

「再発転移がん治療情報」では、がん治療に精通した医師の方へのインタビューや学会、患者会ほか独自の取材を通して、新しいがん治療情報を随時ご提供しております。手術、抗がん剤、放射線治療と言った標準治療の中でも最新の治療法や、免疫療法や漢方など注目の治療法を取り上げていきます。また、このサイトでは特に進行がんやがんが再発・転移された方に有用と思われる情報を掲載していきたいと考えております。
がん治療に関するニュースや情報サイトは他にもたくさんありますが、再発・転移がんに特化したものは少なく、また、毎日更新される膨大な情報をチェックし、ご自身の治療に役立つものをピックアップしていくことは容易ではありません。
本サイトでは、再発・転移がんの治療を対象としたトピックをどなたにも分かりやすくお伝えし、治療を必要とされる患者様へ新しい選択肢をご提供したり、前向きに治療に取り組むお手伝いが出来るサイト作りを目指しております。

【特集記事】がん患者さんの在宅診療

公開日:2017年7月31日
在宅医療の強化・充実を求める声が強まる がん患者さんが安心して暮らせる社会の構築を目指すがん対策基本法(2006年成立)が、2016年12月に改定されました。 改正がん対策基本法に伴って策定された第3期がん対策推進計画には、がん治療が進歩して新たに見えてきた課題を克服するために、「がんの原因となるお […]

【QOL(生活の質)】増える在宅医療ニーズと訪問看護サービス

公開日:2013年8月30日
入院日数の短縮化が進み、在宅での療養生活者が増える 数年前までは、手術をして抗がん剤の治療をするとなると1ヶ月以上入院をすることもありました。住み慣れた自宅で治療をしたいと願う多くの方にとっては非常にストレスだったと思います。こういった患者さんのニーズはここ数年で満たされる傾向にあります。手術の分野 […]

【QOL(生活の質)】家族ができる、床ずれ予防と在宅ケア

公開日:2013年8月1日
こまめな体圧分散で事前予防 がんの療養中、ベッドの上で過ごす時間が長くなってきた際に気を付けたいのが「褥瘡」(じょくそう)です。褥瘡は「床ずれ」とも言って、ベッドや布団、いすなどと接触する皮膚が壊死し、強い痛みを発する状態のことを指します。同じ場所に体重がかかることによって血流が悪化し、皮膚やその下 […]

【最新医療】がんの療養で介護保険を使うには?

公開日:2012年12月28日
2010年から、がんも介護保険の対象になった 介護保険というと、65歳以上の高齢者のためのもの、というイメージがあるかもしれません。しかし、2010年の厚生労働省通達によって、がんの患者さんの在宅療養でも介護保険を使うことができるようになりました。40歳以上で医療保険に加入しており、がんの症状が進行 […]

【QOL(生活の質)】今後の在宅医療

公開日:2012年5月1日
国が在宅医療に本腰を入れた 2年に一度の診療報酬改定では、そのつど高い点数を配分する”重点項目”が決められます。日本の医療において、特に需要の高い分野の報酬を引き上げ、その分野を担う医療機関を増やすためです。平成24年度の改正では、在宅医療が重点項目の1つに掲げられました。そ […]

診療報酬改定と緩和ケア

公開日:2012年4月1日
診療報酬と窓口負担の関係 病院や診療所などで受ける医療の値段は、「診療報酬」によって定められています。診療報酬は1点=10円で換算され、患者さんはそのうちの1〜3割(加入している医療法権により異なる)を窓口で支払うことになっています。点数が高いほど患者さんの支払う金額も高くなりますが、医療機関の報酬 […]

緩和ケア病棟・在宅緩和ケア

公開日:2012年3月1日
前回は緩和ケアの概要についてお伝えさせて頂きました。今、緩和ケアとは、主にがんにともなう肉体的・精神的苦痛で悩む患者さんをサポートする専門的治療を指します。緩和ケアを受けることができる施設のことを緩和ケア病棟といいます。また、在宅でも緩和ケアを受けることができます。そこには緩和ケアチームといった医師 […]

在宅医療の考え方自宅で療養することも選択肢の一つ

公開日:2011年12月30日
在宅医療の考え方 在宅医療とは外来・入院についで第三の医療として捉えられています。診療報酬と呼ばれる病院側が患者さんを診療する際の対価として計算される評価基準においても、改定のたびに在宅医療分野での評価基準について検討されています。厚生労働省が発表している人口動態統計によると、高度医療が日本で盛んに […]
WEB無料医療相談 がん医療相談 当サイトでは、協賛医療機関の各専門の医師たちが再発・転移がんでお悩みの患者様に対し、メールにて医療アドバイスを行っております。再発・転移がんで新たな治療法について知りたい方や副作用や後遺症でお悩みの方などぜひご活用ください。