卵巣

卵巣がんの再発・転移に関する最新治療の情報を、医師のコラムや独自取材を通してご紹介していきます。

最先端がん治療紹介の編集方針について

「再発転移がん治療情報」では、がん治療に精通した医師の方へのインタビューや学会、患者会ほか独自の取材を通して、新しいがん治療情報を随時ご提供しております。手術、抗がん剤、放射線治療と言った標準治療の中でも最新の治療法や、免疫療法や漢方など注目の治療法を取り上げていきます。また、このサイトでは特に進行がんやがんが再発・転移された方に有用と思われる情報を掲載していきたいと考えております。
がん治療に関するニュースや情報サイトは他にもたくさんありますが、再発・転移がんに特化したものは少なく、また、毎日更新される膨大な情報をチェックし、ご自身の治療に役立つものをピックアップしていくことは容易ではありません。
本サイトでは、再発・転移がんの治療を対象としたトピックをどなたにも分かりやすくお伝えし、治療を必要とされる患者様へ新しい選択肢をご提供したり、前向きに治療に取り組むお手伝いが出来るサイト作りを目指しております。

【特集記事】遺伝性乳がん卵巣がんの最新知見――卵巣がんを中心に

公開日:2017年9月29日
遺伝するがん、しないがん ヒトは性別に関与する遺伝子を除き、同じ働きを持つ遺伝子を一対(ふたつ)ずつ持っています。遺伝性腫瘍は基本的に常染色体(性に関わる染色体以外の染色体)の優性遺伝で、一対のうち、どちらかの遺伝子に変異があれば発症する可能性があります。ただし、遺伝的に異常があったとしても発症しな […]

【トピックス】乳がん、卵巣がんの抑制遺伝子の働きを助けるタンパク質発見

公開日:2017年9月29日
大阪大学は、遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)の原因遺伝子のひとつ、BRCA1が適切に働くために重要な役割を果たすたんぱく質を発見しました。この結果は、2017年7月12日に国際雑誌「Cell Reports」のオンライン版で公開されました。 遺伝性乳がん卵巣がんの原因、BRCA1 生物の設計図である […]

【学会レポート I】第54回日本癌治療学会学術集会 「がん免疫療法:特に免疫チェックポイント阻害薬」

公開日:2016年11月30日
 第54回日本癌治療学会学術集会(2016年10月20~22日)で行われた教育シンポジウム「がん免疫療法:特に免疫チェックポイント阻害薬」では、悪性黒色腫や肺がん、腎がんなど、一部が保険適用となっているがん種だけでなく、そのほかの臓器への免疫チェックポイント阻害薬の適応に関する最新の知見が報告されま […]

【最新医療 】新たに承認されたがん治療薬

公開日:2014年2月28日
去勢抵抗性前立腺がんに適応した経口剤が今年2月に承認  2月3日、厚生労働省は、昨年5月の申請以来審議を行っていた、去勢抵抗性前立腺がんを適応とする経口アンドロゲン受容体阻害薬「イクスタンジンカプセル40mg(一般名:エンザルタミド、開発企業:アステラス製薬)」に対し国内での製造・販売を承認しました […]

【QOL(生活の質)】がんになっても食事を楽しみたい~子宮・卵巣がん編~

公開日:2013年2月1日
まずは腸閉塞を防ぐ食べ方を シリーズでお伝えしている、がんと食事。今月のテーマは子宮がんと卵巣がんです。どちらのがんも第一に気をつけたいことは、腸の癒着による腸閉塞予防です。子宮や卵巣を摘出手術したあとは、空洞となったスペースを埋めるために近くにある直腸や大腸、小腸などの位置が移動します。その結果、 […]

婦人科医師が語る 卵巣がん治療

公開日:2011年11月1日
卵巣がんの症状 卵巣がんは卵巣に腫瘍ができる病気です。サイレントキラーとも言われる病気でもあり、初期の自覚症状があまりない人が大部分を占めています。強いて言うならば腹水が溜まり、お腹が膨れて最近スカートがきつくなってきたなどの自覚症状で病院に来られる人もいるぐらいです。卵巣癌のもう一つの問題は手術前 […]
WEB無料医療相談 がん医療相談 当サイトでは、協賛医療機関の各専門の医師たちが再発・転移がんでお悩みの患者様に対し、メールにて医療アドバイスを行っております。再発・転移がんで新たな治療法について知りたい方や副作用や後遺症でお悩みの方などぜひご活用ください。