2017年9月2日(土)14:00~ ナビオス横浜にて開催 再発・転移へのあきらめないがんセミナー

肝臓

肝臓がんの再発・転移に関する最新治療の情報を、医師のコラムや独自取材を通してご紹介していきます。

最先端がん治療紹介の編集方針について

「再発転移がん治療情報」では、がん治療に精通した医師の方へのインタビューや学会、患者会ほか独自の取材を通して、新しいがん治療情報を随時ご提供しております。手術、抗がん剤、放射線治療と言った標準治療の中でも最新の治療法や、免疫療法や漢方など注目の治療法を取り上げていきます。また、このサイトでは特に進行がんやがんが再発・転移された方に有用と思われる情報を掲載していきたいと考えております。
がん治療に関するニュースや情報サイトは他にもたくさんありますが、再発・転移がんに特化したものは少なく、また、毎日更新される膨大な情報をチェックし、ご自身の治療に役立つものをピックアップしていくことは容易ではありません。
本サイトでは、再発・転移がんの治療を対象としたトピックをどなたにも分かりやすくお伝えし、治療を必要とされる患者様へ新しい選択肢をご提供したり、前向きに治療に取り組むお手伝いが出来るサイト作りを目指しております。

1 / 212

【最新医療】プレシジョン・メディシンへの期待――肝がんの発がんメカニズムを解明

公開日:2017年4月28日
長年不明だった肝臓がん発症メカニズム 日本では、年間約4万人が肝臓がんと診断され、約3万人が亡くなっています(国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」)。特に、日本や中国を含むアジア地域とアフリカ地域で発症頻度が高く、世界全体の部位別がん死亡率では第3位になっています。 主な原因はB型 […]

【最新医療】最新の遺伝子解析で、ゲノム異常から肝臓がんを6タイプに分類

公開日:2016年5月31日
 国立がん研究センターや理化学研究所などの研究チームが、日本人の肝臓がん300例の全ゲノム(全遺伝情報)を解読した結果、ゲノムの異常から肝臓がんは6つのタイプに分けられ、タイプによって生存率が大きく異なることがわかりました。 世界最大規模の単独がん種の全ゲノムシーケンス解析  国立がん研究センター、 […]

【特集記事】B型肝炎ウイルスの再活性化を防ぐために検査を受けましょう

公開日:2015年9月30日
若い世代を中心に性交渉を介してHBVの感染が増加  B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって起こる病気です。感染者には血液のみならず、精液、体液、分泌物にもHBVが存在する場合があり、これらを介して感染します。次のような場合に感染が起こる可能性があります。 ① HBVに感染している人と性交 […]

【最新医療】肝がんの患者さんを支援する 東京肝臓友の会

公開日:2014年7月31日
日本肝臓病患者団体協議会 常任幹事 特定非営利活動法人 東京肝臓友の会 事務局長 厚生労働省肝炎対策推進協議会委員 東京都ウイルス肝炎対策協議会委員 米澤 敦子 様 東京肝臓友の会、3つの役割  東京肝臓友の会には3つの目的・役割があります。一つは「病気を医学的に正しく捉えること」、二つ目は「病気と […]

【特集記事】肝臓がん領域における再発の治療

公開日:2012年11月1日
肝臓がんにおける再発・転移になった場合、治療法にはどのようなものがありますか。 肝臓がんの再発の場合、基本的には抗がん剤治療、あるいは免疫療法が主たる選択肢になってきます。ある種の再発の場合には、手術で切除することによって良い形の延命(QOLを保った状態で生存期間が延びるという意味です。)につながる […]

【特集記事】肝臓・胆道・膵臓がん治療の最近の傾向

公開日:2012年10月1日
消化器がん(肝胆膵)が再発・転移した場合の最新治療 肝胆膵領域のうち、肝臓の肝細胞がんに関しては外科治療のあり方に変化が生じてきています。これまでは、比較的多くの症例に手術が行われ,外科が術後経過観察することが普通でしたが、現在ではその後の発がん抑制や,再発した時再び積極的治療が可能になるよう内科や […]

【特集記事】肝疾患の早期発見が肝がんを防ぐ

公開日:2012年8月31日
肝臓がんの種類と原因〜B型・C型肝炎の特徴 肝臓がんはまず大きく2種類に分けられます。それは肝臓内の中の細胞ががんになる「原発性肝がん」と、他の臓器のがんが転移してくる「転移性肝がん」です。転移性肝がんで一番多いのは消化器系の臓器からで、胃や大腸などの癌が門脈血を通して肝臓に転移することが最も多く見 […]

治療をしている皆に知って欲しい 最新の治療法や経済的な負担を助ける制度

公開日:2011年12月1日
1990年に発足した「東京肝臓友の会」は約2,700人の会員を擁しています。病気を知り、病気に負けないように仲間同士で励まし合いながら活動を進めています。患者向けの講演会を開催して、最新の治療法や臨床試験の進捗などについて報告をしています。また、全国からの電話相談も受け付けて、肝がんの治療法や医師と […]

第47回 肝癌研究会 「肝臓のがんを探る」 再発・転移に関するレポート

公開日:2011年9月1日
2011年7月28日~29日に第47回日本肝癌研究会が静岡県静岡市にて開催されました。テーマは「肝臓のがんを探る」です。主催の日本肝癌研究会は内科、外科、放射線科、病理、分子生物、疫学などの専門家が2200名ほど参加している肝がんの基礎と臨床を研究している研究会です。 近年では遺伝子レベルでのがん研 […]

肝胆膵がんの再発・転移には、集学的治療でアプローチ

公開日:2011年8月1日
肝胆膵がんの診断・治療の過去と現状 私は長年にわたり、外科医として肝胆膵領域のがん治療に携わってきました。この領域のがんは、非常に早期発見が難しく、診断がつきにくいものです。肝がんの場合は、診断方法の進歩や手術治療、塞栓療法、ラジオ波焼灼や肝臓移植に至るまで各種治療法があり、集学的がん治療として比較 […]
1 / 212
WEB無料医療相談 がん医療相談 当サイトでは、協賛医療機関の各専門の医師たちが再発・転移がんでお悩みの患者様に対し、メールにて医療アドバイスを行っております。再発・転移がんで新たな治療法について知りたい方や副作用や後遺症でお悩みの方などぜひご活用ください。