2017年9月2日(土)14:00~ ナビオス横浜にて開催 再発・転移へのあきらめないがんセミナー

大腸

大腸がんの再発・転移に関する最新治療の情報を、医師のコラムや独自取材を通してご紹介していきます。

最先端がん治療紹介の編集方針について

「再発転移がん治療情報」では、がん治療に精通した医師の方へのインタビューや学会、患者会ほか独自の取材を通して、新しいがん治療情報を随時ご提供しております。手術、抗がん剤、放射線治療と言った標準治療の中でも最新の治療法や、免疫療法や漢方など注目の治療法を取り上げていきます。また、このサイトでは特に進行がんやがんが再発・転移された方に有用と思われる情報を掲載していきたいと考えております。
がん治療に関するニュースや情報サイトは他にもたくさんありますが、再発・転移がんに特化したものは少なく、また、毎日更新される膨大な情報をチェックし、ご自身の治療に役立つものをピックアップしていくことは容易ではありません。
本サイトでは、再発・転移がんの治療を対象としたトピックをどなたにも分かりやすくお伝えし、治療を必要とされる患者様へ新しい選択肢をご提供したり、前向きに治療に取り組むお手伝いが出来るサイト作りを目指しております。

【最新医療】大腸がん幹細胞を狙い撃ちする治療モデルの開発に成功――慶應義塾大学

公開日:2017年5月31日
がん幹細胞が生き残って再発や転移を起こす 大腸がんの再発・転移に関与すると考えられる「がん幹細胞」の機能が明らかになり、「がん幹細胞」を標的にした治療モデルが開発されました。慶應義塾大学の消化器内科(佐藤俊朗教授)の研究グループがマウスを使った実験に成功し、科学誌「Nature」に研究成果を報告しま […]

【学会レポート I】第54回日本癌治療学会学術集会 「がん免疫療法:特に免疫チェックポイント阻害薬」

公開日:2016年11月30日
 第54回日本癌治療学会学術集会(2016年10月20~22日)で行われた教育シンポジウム「がん免疫療法:特に免疫チェックポイント阻害薬」では、悪性黒色腫や肺がん、腎がんなど、一部が保険適用となっているがん種だけでなく、そのほかの臓器への免疫チェックポイント阻害薬の適応に関する最新の知見が報告されま […]

【最新医療】大腸がんの幹細胞の働きを抑える新規治療薬開発に期待

公開日:2016年10月31日
効果的な治療法がなかったがん幹細胞  私たちの体を構成する60兆個もの細胞は、もとは1つの受精卵からスタートし、細胞分裂を繰り返して形成されたものです。がん細胞は正常な細胞から生まれ、1個が2個になり、2個が4個になり、4個が8個になり、さらに倍に、倍にと増殖していきます。 近年、がんの研究ではがん […]

【最新医療 】新たに承認されたがん治療薬情報

公開日:2014年4月30日
標準的治療が困難な進行・再発の結腸・直腸がん適応の経口剤が承認  3月24日、厚生労働省は、抗悪性腫瘍剤「ロンサーフ®配合錠T15・T20」(一般名:トリフルリジン、チピラシル塩酸塩、開発企業:大鵬薬品工業株式会社)について、「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌(標準的な治療が困難な場合に限る) […]

【最新医療】大腸がん治療の発展 分子標的薬の現在

公開日:2012年5月1日
分子標的薬セツキシマブ セツキシマブ (Cetuximab)と呼ばれるお薬は近年注目されている癌の増殖などに関係する特定の分子だけを狙い撃ちする分子標的治療薬のひとつです。セツキシマブは、上皮成長因子受容体 (EGFR)と呼ばれる細胞の増殖や成長を制御する因子を認識してシグナル伝達※1を行う受容体に […]

大腸がん治療 臨床の現場 最新治療と免疫療法

公開日:2012年4月1日
再発した場合の治療の考え方は 大腸がんは、根治手術ができたとしても、18〜20%の割合で再発してくるとされています。再発してくる部位で一番多いのが肝臓です。平均すると約1〜2年で現われてきます。二番目は、結腸がんの場合は肺転移、直腸がんの場合は局所再発です。 その次は頻度が低いのですが、腹膜への再発 […]

大腸がんガイドライン解説

公開日:2011年11月1日
大腸がんの病期分類と治療法選択 大腸がん(盲腸、結腸、直腸)の病期分類は、ほかの癌種でも使われているTMN分類だけでなく、国際的に広く使われる「デュークス分類」が使われます。両者はわずかな違いがあるだけで、下記のように相当します。 デュークス分類 TMS分類 状態 デュークスA ステージ0〜Ⅰ がん […]

選択肢が豊富な大腸がん治療 全人的な視点で判断を

公開日:2011年9月1日
大腸がんの動向 最新の我が国のがん種別死亡者数統計において大腸がんは第3位に位置しています。その数は近年増加の一歩を辿っており、近い将来第2位の胃がん、第1位の肺がんを上回ると予想されています。原因は現代人の高脂肪食の増加、食物繊維摂取の不足にあると言われていますが、日本全体の生活習慣の変化に伴うも […]
WEB無料医療相談 がん医療相談 当サイトでは、協賛医療機関の各専門の医師たちが再発・転移がんでお悩みの患者様に対し、メールにて医療アドバイスを行っております。再発・転移がんで新たな治療法について知りたい方や副作用や後遺症でお悩みの方などぜひご活用ください。